ムダ毛の処理方法のひとつである「ブラジリアンワックス」。海外ではメジャーな脱毛方法ですが、日本ではレーザー脱毛などに比べるとその知名度はまだまだ低いといえるでしょう。そのため、ブラジリアンワックスの実情についても知らない人が多いのではないでしょうか。

この記事では、「ブラジリアンワックスの脱毛効果はどれくらい持続するの?」「ブラジリアンワックスで脱毛をするメリットやデメリットは?」という疑問を解決。ブラジリアンワックスについて正しい知識を持ち、脱毛方法の選択肢のひとつとして加えてみてはいかがでしょうか。

ブラジリアンワックスは永久脱毛?効果が続く期間

ブラジリアンワックスとは、専用のワックスを使ってムダ毛を処理する脱毛方法です。

ブラジリアンワックスで使用されるワックスは、天然成分が主体で作られています。水や砂糖、はちみつなどが原料として使われているため、肌に優しい脱毛方法であるとえます。

 

脱毛といえば脇や背中、男性であればヒゲなどがメジャーな施術部位ですが、ブラジリアンワックスは主に、「VIO」の施術に使用されます。VIOとは、いわゆるアンダーヘアのことを指します。アンダーヘアをさらに3つの部位に分け、「V:ビキニライン、I:陰部の両側、O:肛門周り」と呼びます。

 

日本では他の脱毛方法に比べると、ブラジリアンワックスでの脱毛方法は知名度が低いのが実情ですが、最近では芸能人やモデルが愛用していることなどから注目を集め始めています。また、メンズ脱毛がメジャーになりつつある昨今、ブラジリアンワックスの男性専用サロンも開院されるほど徐々に普及が広がりつつあります。

 

ブラジリアンワックスは永久脱毛ではない

脱毛と聞くと「永久脱毛」がイメージされますが、ブラジリアンワックスでの脱毛は”永久脱毛ではない”という点を知っておく必要があります。

 

ブラジリアンワックスでの脱毛は、脱毛方法として知名度の高い「レーザー脱毛」と比べると、毛根へのアプローチ方法が違います。

ブラジリアンワックスでの脱毛方法は、専用のワックスを脱毛したい部位に塗布し、その上からシートを貼り、シートを剥がすことで毛根からムダ毛を抜き去ることで脱毛します。一方、レーザー脱毛は特殊なレーザーを脱毛部位に照射し、毛根自体を破壊してしまうことで脱毛します。

つまり、ブラジリアンワックスは毛が生える仕組みを壊すものではなく、あくまで一時的に毛を抜き去る脱毛方法であるため、しばらくするとまた毛が生えてくるのです。

 

脱毛効果が続くのは約2~3週間

ブラジリアンワックスによる脱毛効果は、おおよそ2〜3週間続くといわれています。効果には個人差がありますが、一般的にはカミソリや電気シェーバーなどで処理した場合よりは脱毛効果は長持ちするとされています。また、人によってはブラジリアンワックスで脱毛をしたことで、毛質が柔らかくなることや毛が生えてくるスピードが遅くなることもあるといわれています。

 

この脱毛効果は、自己処理であってもサロンのプロによる施術であっても基本的には変わりません。ただし、ワックスを塗布しシートを剥がす際にムダ毛を上手く抜くことができなければ毛根も残るため、その分毛が生えてくるスピードが早いと感じることもあります。

 

 

ブラジリアンワックスのメリット

施術後はすぐツルツルに

ブラジリアンワックスによる脱毛は「即効性」があります。

レーザー脱毛などの場合は、レーザーを照射して徐々に毛根を破壊することで脱毛効果を実感できます。毛根を完全に破壊しツルツルの状態にするまでは最低でも数年、長ければ数十年かかる場合もあります。

しかし、ブラジリアンワックスであれば、施術を受けた瞬間から毛のないツルツルの状態を手に入れることができます。

 

ただし、施術直後は毛穴が刺激に弱い状態であるため、いくつか制限されることがあります。例えば、当日・翌日の入浴、ボディーソープの使用、プール・海水浴、汗をかくような激しい運動などです。施術を受けるサロンなどによって制限事項は変わるおそれもあるため、事前に確認を取ることをおすすめします。

 

永久脱毛ではないので再び生やすことができる

ブラジリアンワックスによる脱毛は永久脱毛ではなく、あくまで一時的にムダ毛を処理する脱毛方法です。

そのため、毛を無くしたい時はワックスをすればすぐにツルツルの状態に、毛を生やしたくなったらワックスをやめれば自然と毛はまた生えてきます。

「夏は水着を着るから毛を無くしたいけれど、永久脱毛で無毛状態にするのは抵抗がある」という人にとっては、ブラジリアンワックスは最も適切な脱毛方法といえるでしょう。

 

生え際がチクチクしづらい

アンダーヘアをカミソリで処理した時に、チクチクとした触感を味わったことのある人は多くいるでしょう。その理由は、毛の形が大きく関わっています。

 

毛は先端が一番細く、根元に向かうにつれて太くなっています。カミソリで毛を剃ると、毛の一番太い部分がカットされることになります。その結果、毛の断面が大きくなり、肌に当たる毛の面積が必然的に広くなるためチクチクと感じるようになります。

 

それに比べブラジリアンワックスは、毛を毛根から抜き去る脱毛方法であるため、そもそも毛が残ることはありません。そのため、チクチクと感じることは一切ありません。また、その後に生えてくる毛も新たに一から生えてくる毛であるため、カミソリで剃った様なチクチク感はありません。

カミソリでの処理とブラジリアンワックスは、一時的なムダ毛の処理方法という点では共通していますが、処理後の不快感はブラジリアンワックスの方がずっと少ないと言えるでしょう。

 

市販のブラジリアンワックスを使用すればセルフ脱毛もできる

ブラジリアンワックスは専用サロンでプロによる施術を受けることがメジャーです。しかし、プロだとはいえ、アンダーヘアやデリケートゾーンを他人に見られることに抵抗がある人は少なくないでしょう。その場合には、市販のブラジリアンワックスを使って自己処理することをおすすめします。

ただ施術の手順そのものはサロンの方法と大差はありませんが、自分の手の届かない場所の施術は難易度が高いといえるでしょう。

特にアンダーヘアは脇など他の脱毛部位に比べると複雑な生え方をしているため、鏡などを上手く使いながら行う必要があり、その点はどちらで対応するか検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

ブラジリアンワックスのデメリット

痛みを伴う

ブラジリアンワックスによる脱毛方法で避けられないのは、施術時の痛みです。毛を毛根から抜き去る脱毛方法であるため、毛が抜ける際の痛みは誰もが感じます。

痛みの感じ方には個人差がありますが、全く問題ないと言う人から、施術が続けられないほど強い痛みを感じる人まで多岐にわたります。初めて施術を受ける時には、ある程度心の準備が必要でしょう。

 

その一方で、ブラジリアンワックスで脱毛をするときの痛みが逆に気持ちいいと感じたり、癖になる痛みであるという人も多からずいるのが実情です。ブラジリアンワックスに人気が集まる理由のひとつが、ここにあります。

 

ある程度の毛がないと施術できない

ブラジリアンワックスによる脱毛は、ワックスが毛を掴んで毛根から抜き去る方法であるため、ある程度毛の長さがある状態でなければ施術を受けることができません。必要な毛の長さは1cm以上、おおよそ親指の第一関節の長さでが理想的であるといわれています。

つまり、レーザー脱毛など他の脱毛方法では施術前に自己処理が必須の場合が多い例ですが、ブラジリアンワックスでの脱毛ではむしろ施術前に自己処理をしてはいけません。

 

また、再度ブラジリアンワックスを行いたいという場合は次の施術を受けるまでの間、生えてきた毛を剃ったり抜いたりしてはいけません。

 

繰り返し行う必要がある

ブラジリアンワックスは永久脱毛ではなく、あくまで一時的な脱毛方法です。継続してツルツルの状態を保つためには、定期的に施術を受ける必要があります。

 

しかし、脱毛効果が継続するといわれる2〜3週間が経過し、少しムダ毛が気になってきた頃にはまだ次の施術を受けることができません。その理由は、毛がまだ生えそろっていない・毛の長さが足りないということにあります。

 

そのため、ブラジリアンワックスのタイミングは、おおよそ4〜6週間に一度程であるとされています。また、それ以上の期間が経過すると、毛が長すぎてしまうため施術時の痛みを強く感じやすくなるおそれがあるといわれています。

 

 

顔や背中などデリケートゾーン以外の部位にも使用できる?

ブラジリアンワックスで脱毛をする部位はVIOがメジャーですが、それ以外の顔・背中・腕・脚などの部位にも使用できます。しかし、VIOに比べて特に顔などの皮膚の薄い部位に関しては、痛みを強く感じやすいため注意が必要です。

 

また、顔の中でも「鼻毛」の処理にブラジリアンワックスを使うことができます。最近では、鼻毛専用のブラジリアンワックスもドラッグストアなどで販売され、誰もが手軽に鼻毛の脱毛ができるようになりました。

 

ブラジリアンワックスは専用サロンで施術を受けた場合には大きな心配は必要ありませんが、セルフ脱毛を行った際には「アフターケア」に気を配りましょう。

ブラジリアンワックスによる脱毛は、ワックスで毛を抜き去るという方法であるため、毛根に負担がかかるおそれがあります。そのため、脱毛後には赤み・かゆみ・ヒリつきなどを感じる場合があります。アフターケアを怠ると、皮膚が炎症を起こすなどの肌トラブルにつながるおそれがあります。

特に脱毛直後は毛穴が開き、肌も敏感な状態です。化粧水などできちんと保湿をしましょう。

 

サロンで施術する場合の料金は?

セルフ脱毛の場合、ブラジリアンワックスの相場はおおよそ2,000〜6,000円前後です。また、ワックスにシートやヘラがセットになっている商品だと2,000円前後高くなる傾向があります。ワックスの容量にもよりますがVIOであれば平均して3〜5回脱毛できるとされています。

 

サロンで施術を受ける場合には、脱毛部位によって料金が異なります。また、顔の場合は口周り・額・眉・鼻毛など、さらに部位が分けられ料金が設定されていることがあります。

 

長く続けるのであれば脱毛サロンに通った方がお得

ブラジリアンワックスは即効性と安価な料金が魅力ですが、一方で永久脱毛ではないが故に「また生えてきてします」というデメリットがあります。一時的な脱毛を希望する人はブラジリアンワックスでも満足のいく脱毛効果を得られますが、毛のないツルツルの状態を保ちたい人にとっては何度も通わなければならない煩わしさを感じることでしょう。

 

また、料金の面でも長期的に見ると”脱毛サロンに通った方がお得”である場合があります。

脱毛サロンによって料金の設定やセット回数は異なるため、施術を受けたい店舗の料金を再度確認することをおすすめします。例えばVIOの脱毛料金をみると、1回あたりの施術料金は脱毛サロンの方が高くなりますが、平均9〜14回の施術で脱毛効果を感じることができます。しかし、ブラジリアンワックスの場合は、同じ回数の施術を受けても永久脱毛ではないため、永続的な脱毛効果があるとは言い切ることができません。つまり、1回5,000〜8,000円の料金を9〜14回以上支払うことになるおそれがあるため、結果的に脱毛サロンでかかる料金よりも高くなる場合があるということです。

ブラジリアンワックスの効果や仕組み、料金なども参考にして、自分に適切な脱毛方法を選択しましょう。

 

 

まとめ

ブラジリアンワックスで脱毛しようと考えている人は、次のポイントをおさえておきましょう。

  • 天然成分を使った肌に優しい脱毛方法である
  • 成分は肌に優しいが施術時の痛みがある
  • 永久脱毛ではない
  • 脱毛の目的によっては脱毛サロンの方が安い場合もある
  • 即効性の高い脱毛方法である

 

このように自己処理や、レーザー脱毛などとまた異なった特徴がありますが、脱毛にまつわる悩みを解消する選択肢のひとつに入れてみても良いのではないでしょうか。

今回の記事を参考にブラジリアンワックスの仕組みや効果を理解した上で、ご自身に合った最適な脱毛方法を選択しましょう。