女性のムダ毛の処理方法として最も手軽でメジャーなものといえば、カミソリが知られています。しかし、カミソリ負けや肌荒れに悩む人も多くいることでしょう。
カミソリによる肌荒れに悩む人もそうでない人も、ムダ毛を自己処理するのであれば、カミソリよりも「電気シェーバー」をおすすめします。

この記事では、ムダ毛の自己処理に電気シェーバーをおすすめする理由や電気シェーバーの正しい使い方、そして人気の電気シェーバーを紹介します。ムダ毛が気になり始める夏に向けて電気シェーバーのメリットや正しい使い方を理解し、肌に優しくキレイなムダ毛処理をしましょう。

ムダ毛の処理に電気シェーバーを使った方がいい理由

女性のムダ毛の処理にカミソリよりも電気シェーバーをおすすめする理由は、「肌への負担」が少ないことにあります。

電気シェーバーは刃を電気の力で動かすことで毛をカットし、肌に直接刃が当たらない仕組みになっています。そのため、肌を傷つけるリスクが少ないのです。さらに、毛を根元近くからカットできるため、剛毛の人でもツルツルでキレイな仕上がりになります。

 

電気シェーバーの中にもいくつか種類があります。その中でも熱で毛をカットするものは、毛先を整えるためチクチクせず、不快感も少なくなります。また、深剃りを防止できる替え刃も販売されているため、安全に自己処理が可能です。

 

  • 脱毛サロンもおすすめしている

多くの脱毛サロンでは、脱毛施術を受ける前に自己処理が必要です。脱毛サロンではその自己処理の際に、カミソリではなく電気シェーバーの使用がおすすめされています。

自己処理による肌の傷は、脱毛施術ができなくなるだけではなく、脱毛効果に支障をきたします。そのため、肌に優しい電気シェーバーはムダ毛処理においてプロである脱毛サロンでも使用されているのです。

 

  • おでかけにも便利

電気シェーバーは使用する部位によってあらゆる大きさの製品があります。その中でも全身どこにでも使用できるタイプのものは、ポーチに入る程の大きさになっています。

自宅で使用するときはもちろん、外出先や旅行先でも手軽にムダ毛処理できることもメリットのひとつです。

 

  • 電気シェーバーを使った女性の口コミを紹介!

実際に、ムダ毛処理に電気シェーバーを使用している女性の口コミを紹介します。製品のコマーシャルだけではなく、リアルな使用感や効果についてさまざまな声が挙がっています。

 

<ポジティブな意見>

・肌が弱くてカミソリ負けに悩んでいたが、電気シェーバーを使ってからは無痛で肌荒れもなくなった

・コンパクトで見た目もおしゃれで、外出先でも使用しやすい!

・安価な製品が多いので色々な種類から選べる

・濡らしたり泡を使う必要がないのでムダ毛処理に手間がかからない

・丸洗いできるものもあるので衛生面も安心

・逆剃りをしても肌を傷つけないのでうれしい

・メイクの上からも使えるので、朝時間がなくても手軽に使える

・刃が安全なので子供のプールまえのムダ毛処理にも使用できる

・肘や膝などカミソリを当てにくい場所にもケガなく使用できる

・シェービング後のチクチクが気にならない

 

<ネガティブな意見>

・カミソリの方が深剃りできる

・シェービングの音が少し気になる

・アンダーヘアなどの硬い毛が剃りにくい

・電気シェーバーで処理するとすぐ生えてきてしまう

・充電や電池の交換が面倒

・使い捨てできないので掃除が面倒

 

 

電気シェーバーとカミソリの違いは?

  • カミソリのメリット/デメリット

【カミソリのメリット】

・価格が安い

・どこでも手に入りやすい

・深剃りしやすい

・長い毛をそのまま剃ることができる

 

【カミソリのデメリット】

・カミソリ負けや肌を傷つけやすい

・シェービング時にジェルやクリームが必要

・刃の交換頻度が高い

・生理前など、体調によっては使用を避けた方がいい場合がある

・肌の乾燥や色素沈着、黒ずみの原因になり得る

 

カミソリの一番のメリットは、「安さ、手軽さ」です。ドラッグストアやコンビニ、ホテルのアメニティなど、比較的安価で手に入りやすいことから、使いやすさを感じる人も多くいます。

 

  • 電気シェーバーにデメリットはある?

電気シェーバーのデメリットのひとつに、「カミソリと比較して価格が高い」ということが挙げられます。価格の面でカミソリに魅力を感じている人は、電気シェーバーは少々高価であると感じるようです。

しかし、最近ではさまざまな製品が販売されているため、手に入れやすい価格のものも販売されています。

 

また、電気シェーバーはカミソリに比べ、深剃りができないと感じる人もいます。そのため、結果的にカミソリを使うより自己処理の頻度が高くなり、電気シェーバーのメリットであるはずの肌への負担軽減ができなくなってしまう場合も考えられます。

 

  • 電気シェーバーで毛が剃れる仕組み

電気シェーバーは、「外刃」と「内刃」で構成されています。

外刃は、肌にあたる部分が網目状になっており、その奥に内刃があり、鋭利な刃となっています。電気シェーバーの電源を入れると、内刃が左右に振動し肌に当てると、網目状の外刃に毛が入り込み、それを内刃がカットするという仕組みです。

 

また、ペンタイプの電気シェーバーの場合は、外刃と内刃の両方が振動し、2つの刃が毛を挟むことでカットしています。

 

 

女性用電気シェーバーの正しい使い方

  • シェービング時は何もつけない

電気シェーバーを使用する際は、肌を濡らしたりシェービング・泡の塗布は不要です。

何もつけていない乾いた肌の状態で使用しましょう。

また、製品によっては肌が濡れた状態やお風呂で使用できるものもあります。自身の使用スタイルに合わせて電気シェーバーを購入しましょう。

 

  • 肌を清潔にする

汚れたままの肌や、汗を沢山かいたあとの肌のままのシェービングは避けましょう。シェービング時に毛穴から雑菌が入り、肌トラブルを招く原因となります。

シェービング前は、洗顔や入浴、肌を拭き取るなどして、清潔な状態にしましょう。

 

  • 基本は逆剃り

製品により構造は異なりますが、電気シェーバーは基本的にカミソリより深剃りすることができません。

できる限りムダ毛処理の効果を持続させたい場合は、刃を肌に対して垂直に当て、逆剃りをすることで深剃りが可能になります。ただし、刃を肌に強く押し付けるなど肌に負担がかかるような使用法は避けましょう。

 

  • 肌に強く押し当てない

カミソリを使用する感覚で電気シェーバーを肌に押し当てると、過度な力が加わり肌に傷をつける原因となりかねません。

電気シェーバーは、肌の上を軽く滑らせるような感覚で使いましょう。

また、肌を痛めにくい安全構造の刃を使った製品もあるので、心配な人は確認しましょう。

 

  • 長い毛は短く切っておく

電気シェーバーはカミソリとは違い、長い毛を剃るために設計されていません。

そのため、1cmを超えるような長い毛は剃る前にハサミなどでカットし、シェービングしやすい状態に整えましょう。

アンダーヘアを処理するためのヒートカッターなどは、長い毛のまま処理できる場合もあります。

 

  • アフターケアをかかさない

電気シェーバーはカミソリに比べ肌への負担が少ないとはいえ、シェービングのあとは肌が乾燥しやすい状態になります。

電気シェーバーで自己処理をしたあとも必ず、化粧水やボディクリームによる保湿ケアを忘れずに行いましょう。

 

  • シェーバーを定期的に掃除する

電気シェーバーは使用後、刃先や本体の隙間などに毛が挟まっていることが多くあります。毛が挟まったままだと、シェービングの効果が落ちるだけでなく、刃が痛むことや、不衛生な状態になるため肌トラブルにもつながります。

使用後は付属のブラシなどを用いて、定期的に掃除をしましょう。丸洗いできるタイプの電気シェーバーであれば、洗った後は必ず乾燥させましょう。

 

また、防水機能付きの電気シェーバーの場合は、お風呂などで使われることが多く、つい濡れたままお風呂場に放置してしまうことも多いでしょう。しかし、お風呂場に放置してしまうと湿気により刃を痛めるだけでなく、本体も壊れやすくなるため、使用後は乾燥できる場所に保管しましょう。

 

  • シェーバーの刃を定期的に交換する

電気シェーバーも刃を定期的に交換する必要があります。

カミソリの交換頻度よりは少なくなりますが、おおよそ1〜2年に1回は新しい刃に交換しましょう。また、使用頻度や刃の状態によって交換時期は変わるため、きちんと状態を管理しておくことをおすすめします。

古くなった刃を使い続けると、肌を痛めるおそれや衛生的に良くない場合があります。

 

 

正しいシェービングの頻度・タイミングは?

  • 体は2〜3日、顔は1週間に1回がおすすめ

特にムダ毛が気になる夏場などは、処理の回数が多くなりやすいでしょう。肌への刺激が少ない電気シェーバーとはいえ、全く肌に負担がかからないというわけではありません。

カミソリでの処理ほど過敏になる必要はありませんが、最低でも2〜3日は間隔を空けることをおすすめします。

また、顔は他の部位に比べて皮膚が薄い作りになっています。負担もかかりやすい部位であるため、顔の処理は1週間に1回程度にとどめておくことをおすすめします。

 

  • ベストなタイミングはお風呂上がり

お風呂上がりは、肌が清潔になっている上、毛も柔らかくなりシェービングしやすい状態です。できる限り、お風呂上がりのシェービングを心がけましょう。

 

反対に、シェービング直後の入浴は避けましょう。シェービング直後の肌が敏感で、雑菌が入りやすい状態になっています。また、万が一電気シェーバーで肌を傷つけてしまっていると、その傷からも雑菌が入りかねません。

 

 

女性用電気シェーバーの選び方

  • 電気シェーバーの種類

【乾電池式】

電気シェーバーの中でも、比較的安価に入手できます。

電池を入れればすぐに使用できるため、外出先などでも重宝します。ただし、頻繁に使う人は電池の消耗がかさむため、「充電式」の製品をおすすめします。

脱毛サロンの事前処理や外出先のみで使うなど、使用頻度が少ない人は乾電池式がおすすめです。

 

【充電式】

充電式であれば、定期的な電池交換が不要です。

ただし、乾電池式のものと比較すると、少々価格が高い製品が多くなります。また、バッテリーそのものにも寿命があるため、充電の持ちが悪くなっていくリスクがあります。

使用頻度が高い人は、充電式がおすすめです。

 

【防水タイプ】

防水タイプであれば、お風呂での使用が可能となります。また、丸洗いが可能な製品も多いため、衛生面が少しでも気になる人におすすめです。

 

  • 体の部位ごとに使い分ける

【顔(フェイス)用】

フェリエ フェイス用 ES-WF51

Panasonic(パナソニック)から発売されているフェリエは、電池式でポーチに入るサイズであるため持ち運びにもおすすめです。

水なしでメイクの上からでもムダ毛処理が可能です。

顔のムダ毛を処理することで、化粧ノリが良くなり、肌を明るく見せられる効果も期待できます。

 

また、フェリエは顔用に販売されていますが、基本的には腕や脚、うなじなどにも使用できます。汎用性が高いため、1本持っておくととても便利な電気シェーバーです。

 

【全身(ボディ)用】

レディースシェーバー サラシェ ESーWL50

Panasonic(パナソニック)から発売されているサラシェは、お風呂でも使用できます。また、水洗いも可能であるため衛生面も安心です。

全身用の電気シェーバーであれば、脇や背中などボディ全体に使用できるため汎用性に長けています。

 

【アンダーヘア(VIO)用】

ラヴィア ボディケアシリーズ Vライントリマー

アンダーヘアの処理には、ヒートカッタータイプがおすすめです。熱処理で毛先を整え、毛を剃った後の不快なチクチクなどを軽減させることができます。

しかし、ヒートカッタータイプの電気シェーバーは、あくまで毛を整える目的で設計されています。完全に毛を剃り切る目的の場合は、不向きであると言えます。

 

  • 迷った時は家電量販店の店員さんに聞くのもおすすめ

どの電気シェーバーを買うべきか迷った時は、家電量販店の店員さんに聞くのもいいでしょう。製品メーカーのホームページなどではどうしても偏った宣伝となってしまいます。そういう時は第3者からの俯瞰した意見を取り入れることで、自分に本当に合った電気シェーバーを選ぶことができるかもしれません。

また、身の回りに実際に電気シェーバーを使用したことのある人も少なくないはずです。特に脱毛サロンに通っている人の大半は電気シェーバーを愛用していると考えられるため、聞いてみるのもいいでしょう。

 

  • 男性用電気シェーバーもムダ毛処理に使える?

電気シェーバーは男性用もさまざまな製品が販売されていますが、基本的には女性のムダ毛処理には不向きであるといえます。

男性用に販売されている電気シェーバーは、ヒゲなどの硬い毛を剃ることを目的として作られています。そのため、女性用の電気シェーバーよりも刃の力が強く、肌を傷つけるリスクが高まります。

肌に優しいことが電気シェーバーのメリットであるため、女性はむやみに男性用のシェーバーは使わず、目的や部位に合った適切な製品を選びましょう。

 

 

女性におすすめ!人気の電気シェーバーを紹介

女性用電気シェーバーを、Amazon(アマゾン)と楽天の売れ筋ランキングを参考に、人気上位製品を紹介します。最新製品から、長きにわたって人気を集める製品までピックアップ。

さらには、実際に製品を使用した人の口コミまで取り上げています。

電気シェーバーの購入を迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

 

【ブラウン シルク・エピル レディースシェーバー】

電池式の全身用電気シェーバー。防水仕様でお風呂でも使用でき、本体を水洗いできるので清潔に使用できます。

見た目が可愛らしいことも人気のひとつです。

また、専用アタッチメント付きで、ビキニラインもお手入れしやすくなっています。

 

<商品の口コミ>

・ヘッドが上下に動くので剃り残しが少ない

・すべりが良いので痛くない

・充電の持ちがあまり良くない

 

<機能・性能>

・電源 単3アルカリ乾電池(ブルーのみ充電式)

・重さ 132g(ブルーのみ163g)

・カラー ピンク/ブルー/ホワイト

・防水 あり

・水洗い 可

 

【Panasonic(パナソニック) レディースシェーバー フェリエ ボディ用】

電池式の全身用電気シェーバー。Amazon(アマゾン)でベストセラー商品として取り扱われています。

全身用ながらペンタイプの小ぶりな電気シェーバーであるため、ボディからアンダーヘアなど細かいところまで処理しやすくなっています。

肌に優しい刃の構造かつ、ムダ毛を根元からカットするので剃り残しも目立ちにくいです。

 

<商品の口コミ>

・メイクポーチに入る大きさなので持ち運びも便利

・通っている脱毛サロンでおすすめされた商品なので安心して使用できる

・ヘッドがスイングするので肘や膝も剃りやすい

 

<機能・性能>

・電源 単3アルカリ乾電池

・重さ 18.1g

・カラー ピンク

・防水 なし

・水洗い 不可

 

【ヴィート 電動シェーバー センシティブタッチ(フェイス・ボディ用)】

電池式のフェイス・ボディ用電気シェーバー。4種類のアタッチメントが付属しているため、眉毛から脇、アンダーヘアまで対応できます。

ムダ毛を処理するだけではなく、毛の形を整えやすい構造です。

 

<商品の口コミ>

・アタッチメントを使い分けてさまざまな部位に使いやすい

・シェービング時の音が少し気になる

・電池が付属しているので購入してすぐに使える

 

<機能・性能>

・電源 単3アルカリ乾電池(付属)

・重さ 159g

・カラー ピンク

・防水 なし

・水洗い 不可

 

【KOIZUMI(コイズミ) ボディシェーバー】

充電式の電気シェーバー。使用頻度が高い人は、充電式を使うことで経済的にも安心です。

また、LEDライトが搭載されているため、手元が暗くなってしまっても使えるようになっています。水洗い可で衛生面も安心。

 

<商品の口コミ>

・海外でも使用できる電圧なので旅行にも持って行きやすい

・顔などの細かいところには使用できないのでこれ一台だと不便さがある

・価格が安いので満足できる

 

<機能・性能>

・電源 充電式

・重さ 109g

・カラー ピンク

・防水 あり

・水洗い 可

 

【Philips(フィリップス) レディースシェーバー 顔・体用】

ペン型で持ち運びしやすい仕様の電気シェーバー。濃い毛だけではなく、うぶ毛までしっかり剃ることができます。

顔・体それぞれに専用アタッチメントが付いているので、どの部位もスムーズにお手入れが可能。

 

<商品の口コミ>

・トリミングコームとピンセットが付属しているので眉毛のお手入れに便利

・電池の持ちが良く動きもパワフルで嬉しい

・付属品のケースがいまいち

 

<機能・性能>

・電源 単4形アルカリ乾電池

・重さ 27.2g

・カラー ホワイト

・防水 なし

・水洗い 刃先のみ水洗い可(本体は不可)

 

【Ravia(ラヴィア) Sラインシェーバー 全身用】

背中や腰など、自分では手が届きにくい部位をシェービングできる仕様になっています。また、持ち手を折りたたむことで腕や脚などにも使用できます。

刃の部分は防滴加工されているので、お風呂でも使用できます。

 

<商品の口コミ>

・手の届かない場所まで一人で処理できるのでかなり便利

・使い方に慣れるまで少し時間がかかる

・シェービング時の音が少し気になる

 

<機能・性能>

・電源 単3形アルカリ乾電池

・重さ 182g

・カラー ピンク

・防水 なし(刃先の防滴加工あり)

・水洗い 不可

 

【V-Zone Heat Cutter any(エニィ)】

アンダーヘアの処理におすすめのヒートカッタータイプ。毛先を熱処理することで、チクチクとした不快感がありません。

カラーバリエーションも豊富なことも人気の理由です。

また、バイブレーション機能付きでマッサージにも使えます。

 

<商品の口コミ>

・コスパも使い心地も言うことなし

・チクチク感が全くなくなるのでこれからも使用したい

・少しずつしか処理できないので時間がかかる

 

<機能・性能>

・電源 単3形アルカリ乾電池

・重さ 42g

・カラー パールホワイト/パールピンク/マリンブルー/ヴィヴィッドピンク/レオパードハート/リアルブラック/ボタニカル/ヒョウ柄/ゼブラ/ストライプ/チェック

・防水 なし

・水洗い 不可

 

【iSiLER(アイサイラー) フェイスシェーバー】

フェイスシェーバーですが、腕や脚、ビキニラインにも使用できるようになっています。乾電池ひとつで作動するので、経済的にも安心。

LEDライト付きなので、手元が暗い場面でも活躍します。また、防水機能付きで水洗いもできます。

 

<商品の口コミ>

・見た目も可愛くて持ち運びもしやすいサイズ感

・思ったよりしっかりとした作りで肌も痛くならない

・シェービング時の音が少し気になる

 

<機能・性能>

・電源 単3形アルカリ乾電池

・重さ 90.7g

・カラー ライトピンク

・防水 あり

・水洗い 可

 

【MARSKE(マースク) レディースシェーバー ヘッド交換式4点セット】

鼻毛カッター・眉毛カッター・ボディシェーバー・多機能脱毛器で、4つの使い方ができる多機能電気シェーバーです。

部位によって使い分けることで、剃り残しなどの煩わしさも解消できます。

アタッチメントは水洗い可能なので、衛生面も安心。

 

<商品の口コミ>

・お風呂でも使用できるのが便利

・海外メーカーなので心配もあったが問題なく使えています

・シェービング時の音が少し気になる

 

<機能・性能>

・電源 充電式

・重さ 181g

・カラー バラ色

・防水 あり

・水洗い 可(アタッチメントのみ)

 

【Kiboer レディースシェーバー ヘッド交換式5点セット】

ボディシェーバー・眉毛トリマー・多機能シェーバー・鼻毛カッター・もみあげカッターと、5つものアタッチメントで使い分けが可能です。

シェービング時の音も静かで、使用時のストレスも少ないのが特徴。肌への刺激も少ない設計なので、シェービング後の肌の赤みやカミソリ負けの心配もありません。

 

<商品の口コミ>

・見た目がかわいいので購入しました

・充電式なのでコスパもいい

・男性のムダ毛処理にも使用できるのでパワフル

 

<機能・性能>

・電源 充電式

・重さ 331g

・カラー ピンク

・防水 あり

・水洗い 可(アタッチメントのみ)

 

 

まとめ

ムダ毛の自己処理は、思っているよりも肌に負担がかかるものです。脱毛サロンに通っている人は、自己処理の方法が脱毛効果に影響することもあります。

 

市販の製品も多岐にわたるため、商品口コミなどを参考に自分に合った電気シェーバーを見つけましょう。

ムダ毛処理による肌荒れやカミソリ負けに悩まされている人は、電気シェーバーに替えることで悩みを解決できる可能性があります。

できるだけ肌に優しいムダ毛処理をするためにも、早速電気シェーバーを使用してみてはいかがでしょうか?