夏が近づき、そろそろムダ毛が気になり始めている女性も多いのではないでしょうか?
ムダ毛の処理といえば、最近では脱毛サロン・クリニック・エステなどで施術を受けることがメジャーです。しかし、脱毛サロンでのムダ毛処理は、通うことが面倒であったり、予約が取りづらく思うように通うことができなかったり、そもそも時間がなく通うことが難しかったりと、あらゆる懸念点も存在します。

そんな悩みを解決してくれるのが、「家庭用脱毛器」です。脱毛サロンがメジャーになりつつある一方で、家庭用脱毛器の需要も徐々に高まってきています。この記事では、家庭用脱毛器の効果や業務用脱毛器との違い、おすすめの家庭用脱毛器など、家庭用脱毛器について網羅的に紹介および解説をします。

 家庭用脱毛器の種類

脱毛サロンで使われる業務用脱毛機といえば、レーザー脱毛や光脱毛で知られていることが一般的ではないでしょうか。一方で、家庭用脱毛器には大きく分けて4つの種類があり、業務用脱毛機とはまた異なる機能やレーザーの性質が照射方法でもあるため、こちらではそれぞれの家庭用脱毛器について解説したいと思います。

 

レーザー脱毛器

脱毛サロンでもよく耳にする「レーザー脱毛」は、レーザーをムダ毛に照射し、毛の黒い色素である「メラニン色素」に反応することで毛根にダメージを与える脱毛方法です。

家庭用脱毛器の中でも脱毛効果が高いため、確実に脱毛をしたいという人におすすめの種類です。

 

<平均価格>

54,800円(国内では1機種しか販売されていません)

<メリット>

脱毛効果が高い

<デメリット>

痛みが強い・照射範囲が狭いので手間がかかる・白髪や産毛には効果がない

 

光脱毛器

レーザー脱毛と同様に、脱毛サロンでもよく耳にする「光脱毛」は、光をムダ毛に照射し、毛の黒い色素である「メラニン色素」に反応することで毛根にダメージを与える脱毛方法です。レーザー脱毛よりも照射の出力が小さいため、痛みが少ないことが特徴です。

高い脱毛効果が欲しいが、レーザーの痛みには耐えられないという人におすすめの種類です。また、様々な機種が販売されているため、自分に合った機種を比較しながら選ぶことができます。

<平均価格>

30,000100,000

<メリット>

レーザーより痛みが少ない・照射範囲が広い

<デメリット>

レーザー脱毛よりも脱毛効果は弱い白髪や産毛には効果がない

 

サーミコン式脱毛器

「サーミコン式脱毛」は、レーザーや光脱毛のように毛根にアプローチをすることはなく、ムダ毛を焼いて切る脱毛方法です。つまり、厳密には脱毛ではなく除毛の扱いになります。ただし、ムダ毛を焼き切りながら熱線の熱が毛根に少しずつ届き、緩やかな効果としてムダ毛が薄くなってきたり、生えるスピードが遅くなったと実感する人がいるようです。

機械の価格が比較的安いため、家庭用脱毛器には手を出しにくいという人におすすめです。

<平均価格>

10,00030,000

<メリット>

ムダ毛を焼き切ることでチクチク感がない

<デメリット>

あくまで除毛であるため脱毛効果が弱い

 

バルジ式脱毛器

「バルジ式脱毛」は、毛を生やす細胞である「バルジ」にアプローチすることで、ムダ毛の再生を止める脱毛方法です。バルジ式は最近広まった脱毛方法であるため、他の脱毛方法に比べて長期間の実績がありません。そのため、永久脱毛ができるかどうかは未知数であることが実情です。

口コミの中には脱毛効果を早く体感できるというものもあるため、新しい脱毛方法にチャレンジしてみたいという人にはおすすめです。

<平均価格>

192,240円(国内では1機種しか販売されていません)

<メリット>

痛みが少ない・ムダ毛の細胞にアプローチするため産毛にも効果がある

<デメリット>

他の脱毛方法に比べて実績が少ない・機械の価格が高い

 

 

脱毛サロン・クリニックで使われている機械との違いは?

脱毛サロンで使われている機械は、免許がなければ使用できないものです。家庭用脱毛器と比較すると、費用は高額ですが脱毛効果は高いため、確実な脱毛効果を期待する人は、脱毛サロンでの施術を受けることをおすすめします。

脱毛サロンか家庭用脱毛器かを選択する際には、自身のライフスタイルに合わせるといいでしょう。定期的に通うことができる人は脱毛サロン、時間がなく予約して通うことが難しい人は家庭用脱毛器というように、自身が脱毛を進めやすい方法を選択しましょう。

脱毛サロンか家庭用脱毛器かを選択する上で、参考にできる検討材料を解説します。

脱毛効果

脱毛効果については、脱毛サロンの機械の方が効果が高いといえます。また、照射範囲が家庭用脱毛器よりも大きくなっているため、1回の脱毛にかかる時間も短縮でき、自分では手が届きにくい部位もきちんと脱毛できます。

脱毛は照射前後のケアも重要で、ケアを怠ることで脱毛効果が弱まってしまうこともありますが、脱毛サロンであれば脱毛前後に必要なケアを行ってくれる場合もあります。一方で家庭用脱毛器の場合は、その点も自己管理する必要があるため手間がかかると感じる方もいます。

脱毛1回あたりの料金

部位やコース設定にもよりますが、脱毛サロンであれば脱毛1部位1回の料金はおおよそ12万円です。家庭用脱毛器であればカートリッジ1個の価格がおおよそ1万円前後で、照射可能回数が3万発、脱毛部位にもよりますが1部位1回の照射回数が50回前後とすると、脱毛1回あたりにかかる料金はおおよそ17円です。これに脱毛器本体代が加わります。

この比較をすると家庭用脱毛器の方がかなり料金を抑えられるように見えますが、家庭用脱毛器のカートリッジは照射可能回数に制限があるため、定期的に追加購入をする必要があります。また、脱毛効果が実感できるまで買い足す必要があるため、さらに料金が高くなっていくことになります。

脱毛にかかる期間

脱毛サロンの機械の方が脱毛効果が高いため、必然的に脱毛が完了するまでの期間にも差が現れます。また、家庭用脱毛器の場合は照射がうまくできず、ムラができたりすることもあり、脱毛完了までに時間がかかることがあります。

 

 

家庭用脱毛器は効果があるの?

家庭用脱毛器において一番気になるのは、脱毛効果ではないでしょうか。決して安いものではないため、脱毛効果を実感できるかどうかはかなり重要なポイントです。

継続すれば効果はある!

家庭用脱毛器は根気よく継続していれば、脱毛効果は期待できるとされています。

しかし、脱毛サロンで使用されている機械と比較すると脱毛効果は落ちるため、脱毛効果を実感できるまでの期間は自ずと長くなります。

また、ムダ毛の生え変わり時期などが関わっている家庭用脱毛器の場合は、定期的な施術ができなければ、うまく効果を発揮できないこともあります。

効果を感じにくいという声もある

基本的には脱毛効果があるとされている家庭用脱毛器ですが、実際に使用した人の中には、脱毛効果を実感できなかったという人もいます。脱毛は個人の毛質や毛量、毛周期などにも効果が左右されるため、効果には個人差があります。

脱毛効果に不安を覚える人は、脱毛サロンでの施術をおすすめします。しかし、脱毛サロンに通っている人の中にも、脱毛効果を実感できなかったという人は少なからずいます。

実際に使用した人の口コミを紹介!

実際に家庭用脱毛器を使用したことのある人の口コミをいくつか紹介します。家庭用脱毛器の購入を検討している場合は、是非参考にしてみてください。

 

<ポジティブな口コミ>

3か月くらいで効果が出てきた」

「予約時間などを気にすることなくできる」

「人に施術されることに抵抗があったので自分でできるのがいい」

「思ったほど痛みがなかった」

「使い方などがそこまで難しくないので気軽にできる」

 

<ネガティブな口コミ>

「背中やVIOなどが自分では届きにくい」

「脱毛効果にムラが出た」

「高い機械の割には効果が薄いと思った」

「カートリッジの買い足しが面倒で価格も高い」

「前回脱毛した日を自分で管理しなければいけない」

VIOは結構痛みを強く感じる」

 

 

家庭用脱毛器の選び方

脱毛効果

家庭用脱毛器は様々な種類が販売されていますが、脱毛効果についてはまちまちです。実際の脱毛効果を知るためには、商品の口コミを参考にするといいでしょう。TwitterInstagramでは、よりリアルな使用感や脱毛効果に関する口コミを見ることができるでしょう。

また、価格が高い方が脱毛効果が高く、レーザー脱毛が最も脱毛効果が高い傾向があります。

肌への負担

脱毛器によるムダ毛処理は、比較的肌に優しい方法です。しかし、商品によって脱毛効果g高いが、その分肌への負担が大きくなってしまうことがあります。特に、敏感肌の人は出力が低めのものを選ぶなどしましょう。

価格

価格については、脱毛器の種類によって変わります。相場では、バルジ式が最も高額で、次いで光脱毛、レーザー脱毛とされています。

また、価格が高いほど機械の性能が高くなるため一概には言えないですが、脱毛効果が高まり、痛みも少なくなる傾向があります。

機械単体の価格ではなく、脱毛が完了するまで費用感をイメージして照らし合わせると良いでしょう。

メーカーの信頼性

家庭用脱毛器を購入する際に、有名メーカーの商品を選択するのもいいでしょう。名が知れ渡っているものとしては、「トリア」や「ケノン」が挙げられます。

通販サイトやインターネット検索で上位に表示されるものは人気が高く、口コミも多いため、信頼性も一つの指標とするといいでしょう。

使用時の痛み

脱毛器によっては肌に強い痛みを感じることがあります。その人の毛質や毛量などによっても、痛みの感じ方が変わることもあります。

また、レーザー脱毛が一番痛みを感じやすく、価格が高いほど痛みも少なくなる傾向があります

 

 

家庭用脱毛器の使用上の注意点

初めて使うときは最低レベルから

家庭用脱毛器は基本的に、照射のレベルを変えることができます。初めて使うときから最大レベルを使用すると、肌トラブルを起こしてしまう恐れがあります。必ず最低レベルから使用し、肌の様子を見ながら自分に合った照射のレベルで使用しましょう。

2週間は間隔を空けること

脱毛サロンに通っている場合は、サロン側で毛周期を管理し、次回の予約日などを設定してもらえます。しかし、家庭用脱毛器の場合はその点も自分で管理しなければなりません。

照射する期間を短くしたからといって脱毛効果が出やすくなるわけではない上に、頻繁に照射をすると肌に大きなダメージを与えることになります。

最低でも2週間は間隔を空けて、正しい照射期間を守りましょう。

また、頻繁に使用しすぎるとカートリッジを過剰に消耗することになり、コストがかさんでしまいます。

照射時間や回数を必ず守る

基本的なことですが、商品に記載のある一箇所に照射できる時間や回数のルールは守りましょう。脱毛の効果を高めたいからといって長く照射したり、早く済ませたいからといって短く照射しすぎると脱毛効果に影響が出てしまいます。回数に関しても同じです。また、肌への負担にもなるため、長時間や何度も重ねて照射をすることは避けましょう。

アフターケアを欠かさないこと

脱毛器を使用した後の肌は、とてもデリケートな状態です。必ず保湿クリームなどを使用して、アフターケアを施しましょう。また、アフターケアだけではなく、普段からスキンケアを行うことで脱毛効果も実感しやすくなります。

ホクロ・シミ・古傷などには避けて照射する

レーザーや光脱毛の場合は、メラニン色素に反応して脱毛する仕組みになっています。ホクロ・シミ・古傷にはムダ毛と同じようにメラニン色素が存在するため、照射の光が反応し、肌にダメージを与える恐れがあります。可能であれば保護テープなどを使用して、誤照射を避けましょう。

サングラスをかけて目を保護する

脱毛器で照射を行う際に、強い光が目に入ります。目のダメージを防ぐために、サングラスなどを使用して目を保護しましょう。また、照射の光を直接見ないようにしましょう。

照射前にはシェービングを行う

脱毛サロンでの施術同様、家庭用脱毛器でも照射を行う前にはシェービングをしてムダ毛を処理しておく必要があります。照射を行う何日も前からシェービングをしても、照射を行うころには毛が伸びてきてしまう恐れがあるため、31日前までにシェービングをするように心がけましょう。

また、シェービングを行う際は、肌への負担が少ない電気シェーバーの使用をおすすめします。

照射する部位を冷やす

実際に脱毛器を当てる時は、脱毛をする部位を冷やしてから照射しましょう。脱毛器は照射時に発熱を伴います。肌への負担を軽減するためにも、脱毛部位を冷やすことは怠らないようにしましょう。

また、照射完了後も同様に脱毛部位を冷やします。これは、照射時の発熱による肌の炎症を防ぐためです。照射後に冷やさないでそのままにしておくと、肌に赤みが出て、色素沈着などを起こす恐れがあります。特に、レーザーや光脱毛の場合はメラニン色素に反応して脱毛する仕組みのため、色素沈着部分は照射ができなくなってしまいます。注意しましょう。

脱毛器を使用した日はシャワーで済ませる

照射をした肌は非常にデリケートな状態で、刺激を与えると赤みなどが出やすくなっています。入浴や発汗は特に肌への刺激となります。できるだけ短時間のシャワーで済ませ、汗をかくような激しい運動やサウナなどは避けてください。

肌に赤みが出たら冷やして軟膏を使う

万が一正しい使用法を守っていたにも関わらず肌に赤みが出てしまった場合は、まずは肌を冷やしましょう。その後、軟膏などを使用して肌の炎症を抑えましょう。赤みが数日経っても治らない場合は、皮膚科を受診し医師へ相談しましょう。

 

 

おすすめの家庭用脱毛器を紹介!

おすすめの家庭用脱毛器を、Amazon(アマゾン)や楽天などの通販サイトのランキングを参考にいくつか紹介します。また、それぞれの機種の比較もしていきます。

これから家庭用脱毛器を購入しようと迷っている人は、是非参考にしてみてください。

レーザー脱毛器

【トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xは、家庭用として販売されている脱毛器で唯一のレーザー脱毛タイプです。口コミでも脱毛効果を実感している人が多いためおすすめです。

ただし、照射範囲が狭いことが難点です。顔・デリケートゾーン以外の全身に使用可能ですが、照射範囲の狭さから時間と手間がかかるという声も挙がっています。

 

光脱毛器

【家庭用脱毛器 ケノン】

家庭用脱毛器 ケノンは、家庭用脱毛器の中でも一番の知名度を誇ります。利用者が多く、日本製であることも人気の理由です。レーザー脱毛に比べて痛みも少なく、脱毛効果の期待値も高いため、初めて家庭用脱毛器を購入するという人にもおすすめです。また、美顔機能付きで脱毛しながら肌のケアができます。

【シルキン センスエピX

シルキン センスエピXは、他の家庭用脱毛器の中では比較的価格が安くなっています。顔を含んだ全身に使用できることがおすすめポイントです。しっかりと脱毛効果を得られる上に、機械が軽いので照射時のストレスも少ない商品です。

 

サーミコン式脱毛器

YA−MAN no!no!hair Smart Pro(ヤーマン ノーノーヘア スマートプロ)】

YA−MAN no!no!hair Smart Pro(ヤーマン ノーノーヘア スマートプロ)は、国内にとどまらず、アメリカのあらゆるファッション誌でも紹介された商品です。2種類のアタッチメントで、広範囲からビキニラインなどの狭い部位も脱毛しやすくなっています。

バルジ式脱毛器

【家庭用脱毛器 NEED(ニード)】

家庭用脱毛器 NEED(ニード)は、国内で唯一発売されているバルジ式脱毛器です。バストアップやスキンケアとしても使用できるのがおすすめポイントです。最近広まってきた脱毛方法であることに加えて、かなり高額な商品であるため口コミが少ない傾向にあります。

 

商品の比較一覧

 

 

まとめ

一口に家庭用脱毛器といっても、その種類やムダ毛へのアプローチ方法、本体の価格や痛みの感じ方などはそれぞれ異なります。自分に合った家庭用脱毛器を選択しましょう。

心配される脱毛効果についてですが、多くの人は家庭用脱毛器の脱毛効果を実感しています。しかし、効果の現れ方には個人差があり、利用者の中には効果を実感できなかったという人もいます。また、家庭用脱毛器の場合は機械の使い方に慣れていないことによって照射し損ねたり、照射前後のケアが正しく行われていなかったりすると、脱毛効果そのものに大きく影響を及ぼすことがあります。

家庭用脱毛器は、「定められた時間にサロンに通うことが難しい」という人には向いている脱毛方法といえるでしょう。少しでも家庭用脱毛器の脱毛効果に不安を覚えるようであれば、脱毛サロン・エステや医療脱毛のクリニックに通い、プロによる施術を受けることをおすすめします。