夏が近くにつれて、女性の皆さんはムダ毛が気になり始めるのではないでしょうか。特に、カミソリや電気シェーバーなどでムダ毛を自己処理しているという人は、肌の乾燥や肌荒れなどと共に、「埋没毛(埋もれ毛)」に悩まされている人も多くいることでしょう。

この記事では、ムダ毛処理における悩みの一つである埋没毛(埋もれ毛)について詳しく解説していきます。埋没毛の原因から治し方、予防方法まで網羅しています。

埋没毛(埋もれ毛)ができる原因は?

そもそも埋没毛とは?

そもそも埋没毛とは何なのかよく知らない人もいることでしょう。埋没毛とは、「皮膚の下に埋まってしまった毛」のことを指します。

一般的に人間の毛は、肌にある毛穴から皮膚に向かって生えます。しかし、何らかの原因によって毛穴が塞がれてしまい、本来皮膚に向かって生えるべき毛が皮膚ではない方向に向かって生えてしまうことがあります。すると、毛が皮膚から出ずに皮膚の下で埋もれてしまい、皮膚の下に毛が透けて見えている状態になってしまいます。皮膚の下にある毛は皮膚表面に出てきていないため、埋没毛になってしまったムダ毛は自己処理ができなくなってしまいます。

埋没毛になる原因は何らかの原因で毛穴が塞がれてしまうことにありますが、具体的な原因としては以下のようなものがあります。自分の肌に心当たりがないか照らし合わせてみましょう。

 

【皮膚が乾燥している】

カミソリや電気シェーバーなどでムダ毛の自己処理をしている人は、刃の刺激により皮膚が乾燥しやすくなります。皮膚が乾燥していると、皮膚の表面の角質が分厚くなり、毛が生えるための出口を塞いでしまうことがあります。

 

【肌に傷がある】

カミソリや電気シェーバーによる自己処理は、肌を傷つけるリスクが高い方法であるといえます。肌に傷がつくと、細胞が傷を修復しようと働きます。その傷を修復させるときに毛穴も塞いでしまうことがあります。

また、毛抜きを使用してムダ毛処理を行っている人にも同じことが言えます。さらに毛抜きは、ムダ毛を引き抜く際に毛穴に対して大きな負担をかけてしまいます。毛穴に負担がかかると毛穴を塞ぐ原因につながることがあります。

 

埋没毛ができやすい部位

脚、腕、ワキ、デリケートゾーン(アンダーヘア・ビキニライン・VIO)などに多いとされています。今一度、自分に埋没毛がないか確かめてみましょう。

埋没毛になりやすいムダ毛の部位は、具体的に次のような部位が挙げられます。

 

【太い毛が生える部位】

脚・ワキ・デリケートゾーンなど、太い毛が生える部位は埋没毛になりやすい部位といえます。

 

【頻繁に手入れをする部位】

夏になると脚・腕・ワキなどの部位のムダ毛処理を頻繁に行うようになります。すると、皮膚や毛穴に負担がかかりやすくなり、埋没毛が生じやすくなります。

 

【毛が生えるスピードが遅い部位】

特にデリケートゾーンは、他の部位と比較すると毛の生えるスピードが遅いとされています。ムダ毛処理をした後に、発毛中のムダ毛が毛穴に留まる期間が他の部位より長くなるため、埋没毛になりやすいといえます。

 

【皮膚が薄い・柔らかい部位】

ワキ・デリケートゾーンは、脚や腕などと比較すると皮膚が薄く柔らかい部位となっています。薄く柔らかい部位の皮膚は非常に傷つきやすくデリケートであるため、埋没毛になりやすいと言えます。

 

【毛の生える方向がバラバラな部位】

ワキ・デリケートゾーンは、毛の生えている方向がバラバラであることがほとんどです。すると、自己処理時に逆剃りになる部分があるため、自ずと肌に負担をかけて埋没毛になりやすくしてしまっていることがあります。

 

埋没毛と間違えやすいもの

肌のトラブルは埋没毛の原因となり得ますが、反対に埋没毛だと思っていたものが肌トラブルであることもあります。埋没毛なのか肌トラブルなのか今一度見極め、適切なケアを行いましょう。

 

【ニキビ】

ニキビは毛穴に皮脂が詰まり、炎症を起こすことで発生します。ニキビにはいくつか種類が存在し、主に「赤ニキビ」「黄ニキビ」「白ニキビ」「黒ニキビ」などと分類されます。中でも「黒ニキビ」は、ニキビの表面が黒くなるため、埋没毛と見間違うことが多々あります。特に、脇やデリケートゾーンなどの皮脂の分泌が多い部位に発生しやすくなります。

 

【粉瘤(ふんりゅう)】

粉瘤は、いわゆる「脂肪のかたまり」です。本来、肌のターンオーバーによって排出されるはずの皮脂などが毛穴に詰まって蓄積され、皮膚に炎症を起こして皮膚の下に「しこり」ができます。しこりができた部分の毛穴には、黒い点のようなものができるため、埋没毛と見間違うことがあります。

 

 

埋没毛(埋もれ毛)を治す方法

スキンケアで改善を目指す

埋没毛において一番大切なポイントは、塞がれた毛穴を治すことです。塞がれた毛穴を正常に戻し皮膚の表面から毛が生えるようにするには、肌の乾燥や分厚くなった角質、肌のターンオーバーを整える必要があります。顔だけではなく、全身のスキンケアも怠らないようにしましょう。また、スキンケアを行うことは埋没毛を治すことと同時に、埋没毛ができにくくなる予防にもつながります。

 

スキンケアにおいて大切なのは、肌の保湿をすることです。肌の保湿をすることで毛穴を柔らかく保つ効果があり、毛穴が塞がれることを防ぎます。また、角質も柔らかくなり埋没毛になりにくくなります。

 

保湿だけではなく、週に1度などにはスペシャルスキンケアとして、「ピーリング」や「スクラブ」を使ったスキンケアもおすすめです。ピーリングやスクラブには、古い角質を除去して肌のターンオーバーを促す効果があります。ただし、これらは毎日行うと逆に肌を傷つけたりと肌への負担となりかねるため、正しい使用頻度にとどめましょう。ピーリングとスクラブの正しい使用方法は、次のようなものです。

 

【ピーリング】

ピーリングは、弱い酸で古い角質を溶かすことで新しい皮膚の生成を促し、肌のターンオーバーを活性化させます。弱いものではありますが酸を使用するため、肌への負担がかかりやすくなります。使用頻度を守り、使用後のスキンケアは必ず行いましょう。

 

<注意点>

・1週間に1〜2回の使用にとどめる

・ピーリング後は必ず保湿ケアをする

・肌が敏感になるので紫外線ケアを行う

 

【スクラブ】

スクラブは、洗顔料やボディケア剤などに含まれていることが多くあります。主に樹脂などが使われ、その細かい粒子が古い角質を除去し、肌のターンオーバーを促します。スクラブの粒子は細かいですが、肌への負担は避けられません。使用時は優しく洗うことを心がけ、使用頻度を守り、使用後のスキンケアは必ず行いましょう。

 

<注意点>

・1週間に1〜2回の使用にとどめる

・ゴシゴシせずに優しく洗う

・スクラブ後は必ず保湿ケアをする

 

脱毛サロン・クリニック・医療脱毛を受ける

埋没毛は皮膚表面に毛が出てこない状態であるため、埋没毛になってしまったムダ毛は自己処理ができなくなってしまいます。特に、夏などの露出が多くなる時期には皮膚の下に透けて見えるムダ毛が気になる人も多くいるでしょう。スキンケアなどで地道に改善するのではなく、確実に無くしたいという人には、脱毛サロンやクリニック、医療脱毛の施術を受けることをおすすめします。

脱毛サロンなどによる施術は一般的に、ムダ毛に対してアプローチするのではなく、毛根を破壊してムダ毛を生えてこないようにします。そのため、埋没毛の場合も同じように毛穴を破壊し、埋没毛自体が生えてこないようにします。脱毛サロンなどによる施術であっても即効性は期待できず、少なくとも数ヶ月から長ければ数年かかることもあるため、スキンケアと平行して行うとより早い改善が期待できることでしょう。

 

毛抜きでの自己処理はNG

皮膚の下に毛が透けて見えることから、審美性においてかなり気になることの多い埋没毛ですが、間違っても自分で埋没毛を取り出そうとすることは止めてください。皮膚の下に埋まっている毛を取り出すために、針やピンセットなどで掘り起こそうとする人もいますが、肌に傷がついたり傷から細菌が入って炎症を起こしたり、色素沈着を引き起こす恐れがあります。埋没毛の処理は正しい方法で行いましょう。

 

 

埋没毛(埋もれ毛)は放置しても問題ない?

埋没毛そのものは基本的に、体に害を与えることはありません。一般的には、肌のターンオーバーと共に古い皮膚が入れ替わり、塞がった毛穴は元に戻るような仕組みになっています。毛穴が元に戻れば、毛が皮膚の中に埋もれることはなくなるため、再び毛は皮膚の表面に出てくるようになります。また、埋没毛が皮膚の下に残ってしまっている場合でも、体の仕組みによって分解されるため基本的に大きな心配は必要ありません。

 

治療が必要になる場合も

基本的には体に害はない埋没毛ですが、まれに毛穴周辺に炎症を起こすことがあります。炎症が起こってしまった場合には、治療を受ける必要があります。埋没毛のある部分に、かゆみや痛みの症状が現れたら注意が必要です。

埋没毛によって引き起こされる毛穴の炎症として最も多い事例が、「毛嚢炎(もうのうえん)」です。毛嚢炎とは、毛穴に傷がつき、そこへ細菌などが入り込むことで炎症が起こる病気を指します。また、毛嚢炎の症状が長引くと、色素沈着を招く恐れもあります。少しでも毛穴に異変があった場合は、皮膚科を受診して治療を受けることをおすすめします。

 

 

埋没毛(埋もれ毛)の予防方法!

ムダ毛の処理方法を改善する

埋没毛は、カミソリや電気シェーバー、毛抜きなどを使用してムダ毛の自己処理を行っている人に多くみられます。これらのムダ毛処理方法は、手軽である一方で肌を傷つけるなどのトラブルが起こりやすい方法であるといえます。また、カミソリなどによる自己処理はすぐにまたムダ毛が生えてきてしまうという特徴から、多い人では毎日行う人もいます。頻度だけではなく、一回の自己処理で何度も同じ部分を剃っている場合も同じです。頻繁な自己処理によって皮膚や毛穴に負担をかけてしまい、毛穴を塞いで埋没毛ができやすくなってしまっていることが考えられます。

 

慢性的な埋没毛に悩まされているという人は、ムダ毛の自己処理方法を今一度見直すことをおすすめします。特に、カミソリは肌を傷つけやすく、毛抜きは毛穴に負担をかけやすい方法です。カミソリや毛抜きを使っているという人は、電気シェーバーに変えるだけでも肌への負担はかなり軽減されます。しかし、電気シェーバーでも肌に負担がかかることに変わりはないため、脱毛クリームやブラジリアンワックス、脱毛サロンなど、他のムダ毛処理方法を検討しましょう。

 

スキンケアを見直す

顔のスキンケアは毎日欠かさずに行っていても、案外体のスキンケアはしていないという人もいるのではないでしょうか。体も顔と同じように、保湿などのスキンケアが大切です。

 

特に、ムダ毛の自己処理をした後には必ず保湿クリームなどを使用して、皮膚の乾燥を防ぎましょう。もちろんムダ毛処理後だけではなく、毎日のお風呂あがりに顔の保湿と同じように体の保湿をすることで、肌のターンオーバーを促したり、毛穴や角質を柔らかくする効果があります。体のスキンケアは、埋没毛の予防になるだけではなく、埋没毛そのものの改善にも繋がるため、今日から取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

脱毛をする

悩ましい埋没毛の解決方法で一番の近道とも言えるのが、脱毛をすることです。脱毛サロンやクリニック、医療脱毛の施術では、ムダ毛そのものへのアプローチではなく、毛根を破壊するというメカニズムでムダ毛を生えてこないようにします。ムダ毛が生えてこなければ埋没毛のリスクも少なくなるため、一番確実かつ楽な方法であると言えるでしょう。

 

脱毛サロンなどは高額な料金設定のイメージがあり、なかなか手を出しにくいという人も多くいるでしょう。しかし、最近では安価な料金設定やコースを用意しているサロンなども多く存在するため、一度無料のカウンセリングを受けてみるといいでしょう。脱毛を受けていれば自己処理の頻度も減らすことができ、ムダ毛に悩むことのない綺麗な肌を目指すことができます。

 

生活習慣を整える

生活習慣の乱れは、肌や毛穴に大きな負担をかける原因となります。特に、肌のターンオーバーは生活習慣と密接な関係にあるため、埋没毛を予防する上で大切なポイントであるといえます。

肌のターンオーバーは通常28日周期であると言われています。

この正常な周期を保つためには、

「一日の睡眠時間を6〜7時間かつ午後10時〜午前2時に睡眠をとる」

「ストレスを溜め込まずに適度に発散する」

「栄養バランスのとれた食事を心がける」

「紫外線を避ける」

ということを心がけましょう。

 

生活習慣の乱れは埋没毛だけではなく、そもそも肌のトラブルにも繋がるため生活習慣が乱れているという人は一度見直してみましょう。

 

 

まとめ

埋没毛は体にとって大きな害はないものの、皮膚の下にムダ毛が透けて見える状態であるため剃り残しと見間違われることもあり、見た目としては非常に気になるものです。また、まれではありますが毛穴周辺に炎症を起こすものもあり、その場合は医療機関での治療も必要となります。

埋没毛を無くしたいからといって、針やピンセットを使用しての自己処理は肌への負担となるため避けてください。間違った自己処理をすることで埋没毛を悪化させる他、毛穴に炎症を起こしたり、色素沈着へ繋がったりする恐れもあります。

毎日のスキンケア、ムダ毛の処理方法、生活習慣を見直し、埋没毛の改善および予防をしていきましょう。また、確実に埋没毛を無くしたいという人には、脱毛サロンやクリニック、医療脱毛の施術を受けることをおすすめします。