日焼けサロン、いったことありますか?一昔前、ガングロという一大色黒ブームが起こりました。その時はこぞって日サロ(日焼けサロン)に行った方もいるのではないでしょうか。
一時の熱烈美白ブームは少し落ち着き、最近では長谷川潤さん、中村アンさんなど、ヘルシーな印象の女性が人気になってきました。地黒の方にはうれしいですね!
焼けた肌は何よりも小顔効果・美脚効果もあり、肌のアラも目立ちにくくなります。カジュアルな服装もあか抜けて見えるようになるので、ヘルシー小麦肌、チャレンジしてみる価値あるかも!?

日焼けサロンのメリット

「日焼けなんて外で焼けばいいじゃん。無料なのに!」と思いますよね。

みんながそう思っているにもかかわらず、なんで日焼けサロンってなくならないのでしょうか?

日焼けサロンを使うメリットを見ていきたいと思います。

サンバーンとサンタンニング

まず、日焼けサロンの前に、一般的な日焼けにも2種類あります。

日本では、「日焼け」とひとくくりにしていますが、外国では「sunburn」と「suntaning」とはっきり区別されています。

サンバーン

皮膚が「やけど」した状態をいい、皮膚にとってマイナスな日焼けです。

肌色が白くて角質の薄い人は、紫外線に対する皮膚の防衛能力が低く、急に日焼けすると肌がヤケドして炎症を起こします。真っ赤になったりするのも炎症反応です。
やけどで死んだ表皮細胞は、やがて剥がれ落ちますが、炎症がダメージを残しシミの原因にもなります。また炎症を起こしたままで、強い日差しを繰り返して浴びると、皮膚ガンのリスクが生じる恐れがあります。

サンタンニング

こちらは皮膚が「褐色に色づいた状態」の日焼けをいいます。褐色の肌はメラニン色素によってもたらされます。メラニン色素は、ただ黒くなるという表面上の変化だけでなく、紫外線が皮膚の深部に浸透するのを防いで、紫外線のエネルギーから皮膚の細胞や遺伝子を保護してくれます。

同じ日焼けでも、こんなに違うのです!

ちなみに、うまくサンタンニングするには、初めは日差しの弱い時間帯を利用して慣らし、日差しの強い時には一回の照射時間を短めにして、間隔をあけながら徐々に肌色を作っていくことで、肌への負担を最小限にして小麦肌を作ることができるんです。

ご存知でしたか?

これは海で焼いて真っ赤になってヒーヒー言っている若い男の子たちにも教えてあげたいですね(笑)

実は日焼けって、調整が難しい!奥が深いのです。

日焼けサロンは紫外線の有害な成分を除去している!

まず、もっとも大きなメリットは、美しく日焼け肌を作ることができるというところでしょう。

美しくサンタンニングするには、かなり細やかなコントロールが必要であり、シミのことも考えるとなかなか積極的には焼けませんよね。

日焼けサロンで焼いている方って、シミ全然ないと思いませんか?

(若いからとか、ただ黒くて目立たないということも多少はありますが)

実は、日焼けサロンのマシンは、紫外線の中でも、肌に有害な波長の光だけを取り除いてくれており、炎症反応を起こしにくくしてくれています。

紫外線はカルシウム摂取に必要なビタミンD3の生成など、人間の生命維持に重要な働きをしており、必要不可欠なものです。また適度な日焼けは外界からの刺激から身体を保護する機能も備えており、身体の免疫力を強化する作用もあります。日焼けマシンは有害な紫外線(UVC)をカットし、有益な紫外線(UVA・UVB)をバランスよく浴びる事で、安全に美しく健康的な日焼けが出来ます。

引用:SANYO JAPAN LEASE日焼けマシンレンタル

また、日焼けサロンの場合、紫外線の強さをコントロールできるのもいいところ。

外で日焼けをする場合、今日がどのくらいの紫外線量なのか、どのくらい浴びたらいいのか、という判断ができません。

日焼けサロンのマシンの場合は、適切な強さの紫外線で肌を焼いていくので、効率よく日焼けができるのです。

日焼けサロンの通い方

サロンではタンニングオイルやバスローブを用意してくれています。

オイルを塗ることで、乾燥を防ぎつつ紫外線を効果的に受けることができます。

ここでムラのある塗り方をすると日焼けにもムラができますので、全身まんべんなく塗っていきましょう。 化粧やボディクリーム・香水などはきちんと落とし、アクセサリー類も外しましょうね。

そして全身をUVライトの下にさらすだけ。簡単。

早く焼きたい!と思う方は多いでしょうが1度に過度な負担は赤み(炎症)の元です。

いくら有害な紫外線を取り除いたといっても負担はかかりますので、初回は15分程度から始めましょう。

キレイかつ、肌トラブルを起こさずに理想の小麦肌に焼いていくためには、1回あたりの時間は短く、通う頻度はマメにすること

最低、中1~2日空けていればいいそうなので、週2~3通うのが理想ですね。

料金も1000円台でいけるところもあり、リーズナブルです。

通い方などは日焼けサロンのスタッフの方も教えてくださるので、そちらでもよく聞いてくださいね。

日本セーフティ・タンニング協会では、安全な日焼けマシン利用のためのガイドも記載しています。

日サロデビューの前に是非そちらも参考にしてください。

日本セーフティ・タンニング協会 タンニングマシン・ご利用上の安全基準(クリックで飛べます)

リゾート旅行の前の下地つくりにも

定期的に通う以外にも、旅行前や海水浴シーズン前に、日焼けの下地を作るために利用される方もいるようです。サンタンニングは、紫外線が皮膚の深部に浸透するのを防いで、紫外線のエネルギーから皮膚の細胞や遺伝子を保護してくれるので、いきなり海外旅行に行って真っ赤になって苦しむよりは、事前に焼いておくことで肌を強くしておくことも得策と言えますね。

日焼けサロン、うまく活用して理想のヘルシー肌色手に入れませんか?