お化粧をするときに、肌色補整の下地を活用されていますか?
ここ最近、美のトレンドに敏感な方に注目されているカラーは「ラベンダー」!
ぱっと見たお色の印象だけでは…
どんな仕上がりになるの?補整効果や使い方は?
と、いろいろ疑問に感じるかもしれませんね。
そこで、今回はパープルの下地がどんな効果をもたらすか?
その使い方とコツをまとめてみました♪

血色感+透明感をコントロールする下地カラー=ラベンダー!

紫色素のラベンダーは、ピンク色とブルー色を混ぜ合わせると完成☆

ラベンダーの化粧下地においてもこのカラー原理が活かされますので、
ピンク色
+
ブルー色
という2色の組み合わせで肌色カバーができる、と捉えておくと良いでしょう。

どちらの色味補整も欲ばりたい!という方におすすめですよ。

 下地でくすみを飛ばす♪ラベンダーマジック

ピンク系の化粧下地は…
色白さんでも血色感が足りない青白いお色味の方や、
貧血・寝不足などで血色感の足りない日に使うと良いとも言われています。

また、ブルー系の下地は…
ツルっとした陶器肌のようになれるのですが、
その分量が多いと白くなり過ぎてしまうことも。
丁寧に薄づきになるように塗ることがマストかもしれませんね。

そんな2色を混ぜ合わせて使うには…
分量や塗り方もテクニックと経験値が必要かも…
と悩ましく思ってしまう方にも
手軽に使えるのがパープルの化粧下地!

引用:エチュードハウス 化粧下地 エニークッション カラーコレクター パープル

くすみも華やかかつエレガントにカバーできるので、
まさにラベンダーカラーは一石二鳥で心強い化粧下地です♪

 ラベンダーの下地を使うタイミングは?

しっかりとスキンケアした後

日焼け止めを塗っておいてから

ファンデーション効果のあるアイテムやパウダーの前に
ラベンダー下地を仕込ませておくと◎


引用:自然派・無添加化粧品タナカ [無添加]タナカ リクイドカラーEX  パープル

素肌に血色感のある日は、目元やアゴなどの部分使いだけでもOK!

顔全体のくすみを飛ばしたい方は、全体に使ってみてくださいね。

 ラベンダー下地の使い方とコツ

  • 使用量
    各アイテムにおおよその適正量が書かれていると思うのですが
    最初からたくさん出し過ぎて失敗しないように…
    ・部分使い:米粒2粒程度
    ・顔全体:パール粒1/2個分程度
    を手の甲などに取り出しておきましょう!また、白浮きとムラ塗りの防止を意識して、
    使う指にはクルクルとしっかり馴染ませておくことも大切!!
  • 塗り方
    ・部分使い:狭いパーツ→中指か薬指で優しく塗る。広いパーツ→中指と薬指の全体を使って塗る。
    ・顔全体:人差し指・中指・薬指の3本全体になじませて、顔の中心からムラのないように塗る。
    【オススメの順番】
    ①頬~目頭のキワを始点にして、鼻筋脇から頬の外側に向かって広げる。
    ②額~眉間を始点にから生え際方向に向けて広げる。
    ③鼻~鼻筋に沿って上から下へ向かって薄く広げ、ヨレやすい小鼻周りはより丁寧に指先で優しく。
    ④鼻下~上から下へ極々薄ーくでOK。
    ⑤口下ーあご~唇下中央から丁寧にアゴ下へと塗るようにする。
    ⑥眉毛下ーまぶた~ヨレが生じやすいパーツなので、上から下方向へ中指でそっと優しく薄く塗る。
  • 必要に応じてハイライト的に使うのも◎
    全体を塗り終わってから、さらに立体感を出したい方は、
    下記のように顔のセンター部分にハイライト使いするのもオススメです♪

    コントロールカラーを少量指に取り、
    Tゾーン、頬骨の上、顎の下
    にのせます(画像の点線部分にコントロールカラーをのせる)。

    指で丁寧に叩き込んで下さい。

    注意するポイントは、
    いくら理想の肌色にしたいからといって、
    コントロールカラーを乗せすぎると逆効果になってしまいます。
    あくまでもニュアンス程度に。

    出典:AllAboutBeauty 意外と間違えがちなメイクの基礎を教えます【1】 ”美肌メイク”は下地づくりが命!

 ラベンダーの下地で透明美肌を叶えましょう☆

いかがでしたか?
最近ではドラックストアなどでもお手軽に入手できるようになったラベンダーの下地。
ぜひ使ってみたい!と興味を持った方はご自身のお肌でお試ししてみてくださいね♡

 

さらに♡♡
下地補整の後のベースメイクについて気になる方は
こちらの記事もチェックしてみてくださいませ♫

自然な素肌を作り出すファンデーションとは…?!

ファンデーションで化粧の存在を消すメイク=自然!な素肌感を作ろう