寒風摩擦に寒中水泳…某メーカーヨーグルトのCMで「ここアイスランドには、氷河の湖で寒中水泳、という体調管理方法があるらしい」というフレーズも耳にした今日この頃。
日ごろから体を温めないといけないという認識の強い私たちですが、実はこのある意味ショック療法的な寒冷を利用した健康法も昔から根付いているのも事実。
近頃ではなんとマイナス190℃まで体を冷やす恐ろしい美容機器まで登場!一体どんな効果があるのか冷却美容について見ていきましょう。

マイナス190℃の威力

マイナス190℃ってどんな世界でしょうか。シベリアの寒さも想像つきませんので、到底思いつかないような極寒だとしか想像できませんね。

どのようにしてマイナス190℃まで体を冷やすかですが、これは液体窒素を使用します。液体窒素は元々冷却剤としてポピュラーで、窒素という名前自体はさほど珍しくないと思います。

クリニックの治療にも使われる

クリニックでは、液体窒素療法という形でイボの除去に使用されています。

ざっくりと言ってしまえば皮膚の細胞を「凍らせる」&「溶かす」を繰り返す方法です。

実際に使用する液体窒素はマイナス196℃。

この超低温の液体を綿棒などに染み込ませ、ウイルスに侵されている患部を急激に凍らせることで、ウイルスの発生源である皮膚の浅い部分の表皮細胞を破壊します。

ウィルス性以外にも、老人性のイボなどにも効果があるほか、アトピー性皮膚炎の炎症がひどい場合に殺菌目的で使用することもあるそうです。

液体窒素を直接皮膚につけるので、低温やけど状態になり、痛みを伴います。しかし、首や顔のイボに悩む方は手っ取り早い治療法といえます。

エステの場合の冷却方法

このように治療で用いられる液体窒素をエステでも使用し、冷却美容を行なっていきます。そもそも、液体窒素を使った冷却美容を。流行らせたのはハリウッドセレブたちだそうです。

さすが、新しいもの好きな人たちはすごいです。3年前くらいからじわじわと話題を集めるようになってきました。

ここで、冷却美容がどのようにして行われるか、わかりやすい説明を見つけましたのでご紹介します。

CRYO BODY(クライオボディ)は、ー190℃の冷気が充満した専用のカプセルに入り、全身を一気に冷却します。
全身を冷却することで血管が収縮し、その後、血管が元に戻ろうと膨張することで、血のめぐりを促し、身体の中の老廃物や疲労物質を流します。

引用:全身アイシングクライオエステCAVARO

イメージしてほしいのは、もやのようにほんのりと体に触れるイメージです。

ドライアイスに直接触ると低温やけどをしますが、ドライアイスから出ている白い蒸気に触れても特に何も起こりませんね?その原理です。冷却エステでは冷気を浴びます。

このタイプの冷却エステとは、液体窒素を使用する全身ケアを指します。マイナス190℃(機器により設定異なる)の超低温が全身を包み込むことによって、全身の代謝をアップすることができます。

また同時に、低温の刺激作用によって全身の疲労や筋肉痛、関節の炎症などのケアも行うことができます。
全身の代謝が上がることで脂肪の代謝をサポートする事にもなり、余分な脂肪の減少についても期待できるとのことです。代謝が上がることによってダイエット効果も期待できるんですね。

狙うは脂肪細胞のアポトーシス

アポトーシスとは、体内で不要な細胞が体のため自ら消滅することであり、人体で日常的にみられる自然現象です。冷やされた脂肪細胞は一部が機能しなくなりアポトーシスに至ります。その細胞は新陳代謝によって排出されるので理論としてはリバウンドしないということになりますね。

ミトコンドリアが活性する

冷却することによって、なぜ全身の代謝がアップするんでしょうか。

それにはミトコンドリアというものがかかわっています。

脂肪細胞には2種類あり、白色脂肪細胞という体内の余ったエネルギーを脂肪とし蓄積する脂肪細胞(いわゆるデブのもと)です。逆に褐色脂肪細胞は脂肪とはついていますが、エネルギーを燃焼し発熱する過程に関わる細胞です。白色脂肪細胞がため込んだエネルギーを燃やしてくれるありがたい存在です。

褐色脂肪細胞は、体にもともと備わったヒーターのような存在と思ってください。

いつもヒーターが燃えてくれていれば太りはしないのですが、この褐色脂肪細胞は自発的に活動するわけではなく、脳からの指令で動きます。

たとえば体温を一定に保つために、暑いときは汗をかいて体温を平熱に下げようとします。

それと同様に、寒いときは脳から指令がでて、褐色脂肪細胞が活発になって、熱を発生させるのです。

正確には褐色脂肪細胞の中にたくさん含まれるミトコンドリアという物質が熱産生していきます。

さあ、勘が良い方はもうわかりましたね。

急激に冷やされることによって、体の異変を察知した脳が慌てて熱を作るよう促すんです。

この冷却美容の最大の効果はこの熱産生による代謝UP!

もちろん、安全性はきちんと確認されており、低温やけどが起こらないよう安全装置もありますし、冷却時間も3分~5分程度と非常に短いです。

冷え性にも良い

全身の代謝UPになるので、まず改善されるのが血行不良です。

そのため、冷え性やくすみ、クマなどのお悩みにもアプローチ可能です。血行が良くなるので栄養の運びもよくなり美肌効果もあがります。

そのため、顔や頭皮に部分的に浴びせるための小型の機械も登場しています。

これはお手軽なタイプの冷却美容の機器で、髪の艶出しや、顔の引き締め、血行促進に使われているそうです。

全身タイプは正直、入っている間はかなりつらいです(笑)。苦行です。

しかし、不思議なことに出てきた後からの体のポカポカ感がすごい!

代謝が悪くて困っている方には手っ取り早くてよいかもしれません。

普通のエステに飽きてしまった方や、細胞自体を元気にしていきたい!という方は、細胞から活性できるこの冷却美容、試してみてはいかがでしょうか♡

 

最新のフェイシャルエステはこちらから!

効果別!美容外科顔負けの即効性あり最新フェイシャルエステ一覧