プラセンタ、体に良いのはわかっているけど、なんだか色んな種類があって、どれがいいのかよくわからない・・・そんな声をよく耳にします。たしかに一口にプラセンタと言っても、哺乳類から植物まで、様々な種類のプラセンタがあります。何を基準に選んだらいいかわからない!というあなたのために、いくつかのチェックポイントを解説していきます。

プラセンタの種類

まず、プラセンタとはなんぞや?という方は別記事万能薬のプラセンタ!ホルモン治療や美白・育毛の悩みに、成長因子の恩恵を♡をお読みくださいませ♡

プラセンタは主に、動物性のもの(哺乳類由来のものと魚由来のものに別れます)と、植物性由来のものがあります。植物は胎盤を持たないので、動物性のプラセンタほどの効果は期待できません。そこでここでは、動物性のプラセンタを中心に説明していきたいと思います。

 

哺乳類のプラセンタ(ヒト・牛・豚・羊・馬)

ヒトプラセンタ※医薬品

文字通り人のプラセンタです。製薬会社が契約している国内の産婦人科から提供される胎盤が原料となっています。したがって一般的には出回らず、医療機関で使用されます。医薬品認可なので、効果、安全性ともにしっかりと確認できています。

更年期障害のようなホルモン治療に用いる場合は、プラセンタ注射は保険適用されますが、美容目的の場合は自由診療扱いです。皮下注射or筋肉注射での注入です。プラセンタは体液の扱いになるので、注射した場合献血ができないというのは知っておいてください。

 

牛プラセンタ

食用で出回ることも多く確保しやすいことから、以前は牛のプラセンタが主流でした。ところが、2001年にBSE(狂牛病)問題が発生後。人体への感染の恐れがあるとして、牛の胎盤は使用禁止となりました。現在では使われておりません。

 

豚プラセンタ

食用豚としてたくさん飼育されていることや、豚自体が1年に2回、一度に10匹ほど子を産むので、胎盤の入手が容易です。安定的な流通が可能ということで、現在一番多く出回っています。

豚は感染症など病気にかかりやすいと言われていますが、SPF豚という国内の規定をクリアした食用豚の胎盤を使うことで、安全性を確保しています。ヒトプラセンタ製剤の製造を行う製薬会社が、豚プラセンタのサプリメントを出していることもあり、医師の取り扱いも多いためエビデンスが多いのも特長です。

 

馬プラセンタ

近年注目度が高いのが馬です。馬は人と同じく1年に1頭しか仔馬を産みません。したがって胎盤の栄養価が高いのです。馬プラセンタは、豚の胎盤には含まれない必須アミノ酸のヒスチジン、フェニルアラニン、メチオニン、トリプトファンが含まれています。

必須アミノ酸は人体では作れません。食べて補うか、サプリメントで摂取する必要があります。不足しやすい栄養素の一つです。馬プラセンタには必須アミノ酸がなければ合成できない準必須アミノ酸であるチロシン、システインが含まれています。必要なアミノ酸がバランスよく摂取することができます。

基本的には競走馬(たまに食用の馬)を使います。血統が明確で、飼育管理が徹底されているので、安全で安心だと言えます。原産地としては、日本(大半が北海道)、ニュージーランド、キルギス共和国、モンゴルになります。

ただ、豚と比較すると馬の方が価格が高く、高配合になると値段が跳ね上がります。

 

羊プラセンタ

人間の胎盤に近いアミノ酸組織を持っているので、アレルギー反応が起こりにくく、体内への浸透力が高いと言われています。また、羊は免疫力が高いと言われており、豚などに比べて飼育過程での抗生剤の投与がほとんどありません。

日本では羊の国内流通が元々少ないので、ニュージーランドやスイスの羊の胎盤を使います。いずれも、大気汚染などない国なので、質の良い胎盤が手に入ります。

唯一の難点は、羊の神経系を冒すスクレイピーという感染症が狂牛病同様の変性病であり、人体に感染する危険性が0ではないということです。
※1700年代に発見されてから現在まで危険はないという見解だが、一部の医療従事者や研究者は懸念している。

以上のことから、厚生労働省では羊の輸入に一部規制をかけており、現状では大量生産できるだけの原料量が確保できておりません。

 

魚由来のプラセンタ

マリンプラセンタと呼ばれています。胎盤同様の性質を持つ、卵巣膜から抽出します。鮭から抽出するのですが、皆さん見慣れているいくらの表面の薄皮の部分それのです。

成分構成や量、質的に現時点では鮭以外の魚では実用化はされていないようです。9種類ある必須アミノ酸の全てが含まれているので栄養価は高いと言えます。

 

植物由来のプラセンタ

植物には胎盤はないので、胎座という部分の成分を抽出します。アロエ、トウモロコシ、クロレラ、カッコンなどの胎座の抽出エキスがブレンドで使用されます。

最近ではバラからも抽出に成功しています。アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれるので栄養価は高いのですが、哺乳類の胎盤に含まれる成長因子成分を含まないため、劇的に肌や体質を改善の効果を期待するのは難しいでしょう。

ただし、ヴィーガンの方や、宗教的に動物性原料はNGだという方も世界中にたくさんおりますので、そういった方にとっては非常にありがたい成分と言えます。また、動物性原料は質の良い高濃度になるほど、どうしても獣臭のような独特の香りがありますが、植物性の場合はその心配がありません。

 

選ぶポイント

即効性を求める場合はヒトプラセンタ注射。

ゆるやかな体質改善を望むなら豚or馬のサプリやドリンクが現在主流です。基本的には匂いのある原料なので、粉末処理してカプセルにしているものが多いです。

どの種類を選ぶのか?ということももちろんですが、飼育過程や胎盤の処理・製造工程まできちんと確認できるところが一番安心です。

どうですか?プラセンタのこと、ご理解いただけたでしょうか。別の機会に、プラセンタの製造のお話をまとめさせていただきたいと思います♡