腰のハリを気にする方も多いと思いますが、その原因は骨盤。骨盤は生まれつきの骨格の大きさではなく、生活の中で歪んだ結果、広がることや歪むことにより腰回りが大きくなることも多いんだそう。そのため、骨盤を調整すると歪みが直り、それだけでワンサイズ落ちた方もいるんだとか!
ここでは、骨盤のゆがみの中でも一番多いと言われる、骨盤のねじれ、左右の傾きについて、原因や解消方法をご紹介。スカートがくるくるまわってしまう方は要チェックです!

骨盤の歪みの原因

まずは、骨盤がどのように形成されているか見てみましょう。

骨盤

骨盤は「仙骨」、「寛骨」、「尾骨」という3つの骨によって成り立っています。体の中心にあり、上半身と下半身をつなぐ要ともいうべき存在ですが、「仙骨」と「腸骨」をつなぐ「仙腸関節」がひとつあるのみで、その周りは筋肉と靭帯の力だけで支えられているため、もともと不安定でゆがみやすい骨といえます。

引用:ピップ製品情報 骨盤ケアで、毎日が快適「骨盤とは?骨盤のゆがみと体の関係」

骨盤の歪みは、左右で傾いたりねじれたりすることで生じてしまいます。骨盤が歪むと左右非対称になります。

そうすると上半身を支えるバランスが崩れ、姿勢が悪化し筋力も低下するため、腰痛肩こり冷えむくみ、便秘などの様々なトラブルの引き金になります。

骨盤の高さが左右で違う・ねじれの主な原因

骨盤は、日常のちょっとした動作やクセで歪んでしまうケースも多いです。骨盤がねじれる原因はサッとあげるだけでこんなにも。しかも、どれもやりがちな行動。ついやってしまっていることはありませんか?

  • 同じ腕でバッグを持つ
  • 同じ姿勢で足を組む
  • 座る時同じ方向に座る(脚をくの字に曲げるお姉さん座りというやつです)
  • 立っているときなど左右どちらかに重心をかけている
  • 同じ方向を向いて寝る(身体のどちらかを必ず下にして寝る)
  • テニスやサッカーなど、利き手、利き足で行うスポーツをしている

などがあります。主に片側に重心がかかる場合に発生します。

 骨盤のゆがみをセルフチェック

①起立姿勢でチェック

自分の骨盤の骨(太もも中心部から真上に上がってきて、おへそのちょっとしたくらいの位置にある骨)を左右触り比べて見て下さい。

骨盤の高さの左右差を確認することができます。骨盤のゆがみが大きい方は、自分で触っても左右で明らかに高さが異なります。左右差がある場合、骨盤の位置が低いほうに重心がかかります。

骨盤の高さの違いによる歪みは、整体で指摘される方も多いですね。

 

②座った状態でチェック

背筋を伸ばして椅子に座り、両手は自然に下げている状態にしてください。その状態で自分の両膝を見て、左右どちらの膝の頭が前に出ているかを確認します。

本来であれば両膝は同じくらいの位置となります。しかし、左右どちらかの膝が前に出ている場合のあります。この場合、左右の足の長さが違う=骨盤がねじれている可能性が大です。

骨盤がゆがむとでる症状

①腰痛

特に左右差がある場合、片側に不調が起きやすくなります。

②冷え

骨盤周りがねじれることで、血液や体液の流れが滞り、骨盤周辺の内臓や下半身の冷えの原因になります。

また、骨盤内部には子宮や卵巣など生殖器も含まれるので、女性の場合は子宮が冷えて生理の際に生理痛の原因になることもあるようです。

③むくみ

血液や体液の流れが滞り、特に下半身がむくみやすくなります。

④肩こり・偏頭痛

片方の骨盤に歪みが出る場合、上半身にも不具合がでます。家が1度ずれると大きく傾くように、身体も、上にいくとそのわずかなずれが大きく感じるようになります。

また、その違和感が偏頭痛となって表れることもあるようです。

⑤便秘

骨盤がゆがむと、血行不良になるだけでなく、その中にあった内臓の位置がずれてしまう(下がってしまう)ことがあります。そうすると、腸の動きも鈍くなり、便秘の原因になることもあるようです。

⑥太る

冷えとむくみが来た時点でなんとなく予想をしていたかもしれませんが、ゆがみがでるということは、それをカバーするために筋肉が普段は使わない部分も使ってフォローしてくれます。そのため、太ももの外側に不必要な筋肉が発達したり、歩いても正しいエネルギー燃焼がされなくなったりしてしまいます。

エネルギー燃焼の効率が悪くなる&筋肉のバランスが悪くなり、体型も崩れる原因になるのです。

骨盤のねじれや傾きの解消法

骨盤のねじれや傾きを解消するためには、

  1. ストレッチで歪んだ部分を元に戻す動作
  2. 戻した骨盤が正しい位置でキープできるように、骨盤周りの筋肉を鍛える

ことが重要です。

わかりやすく、初心者でも行いやすいストレッチと筋トレをご紹介します。

美人健康レシピ 姿勢スッキリ美人をつくる 骨盤をベストポジションにキープするストレッチ&筋力トレーニング

引用:パナソニック健康保険組合 ボディデザイン  骨盤をほぐして姿勢スッキリ!

ここで意識をしたいのは、ひとつひとつの動作をゆっくり、特にストレッチに関しては「ねじれている」感覚をしっかりと感じてください。

ねじれている状態というのは、複数の筋肉が同時に複雑な動きをしている状況なので、筋肉にもしっかり刺激が行くのだそうです。

筋肉がしっかり動くということはエネルギーを燃焼している状態なので、筋肉が熱を作り、冷えの改善にもつながります。

整体のようにバキバキとやるわけではないので、すぐ目に見える改善はありませんが、お金をかけずに1日1分程度で骨盤の歪みをセルフケアできるとしたら、やってみる価値はありますよね。

ただし、ヘルニアなどの腰回りや股関節に持病をお持ちの方は、患部に負担をかけてしまうこともあるので、かかりつけ医に相談してセルフストレッチをやるようにしてください。

毎日コツコツとストレッチを行うことによる効果で得られるのは、歪みの解消だけでなく、サイズダウンや腰痛の改善など、ハッピーがたくさん♡「ちりつも」の効果をある日実感するかも。

ぜひ無理のない範囲でストレッチを実践していきましょう♡

また、そもそもの原因で思い当たるものがある場合(バッグを同じ肩にかけるなど)、その点も合わせて意識してあげることでより骨盤のゆがみの解消になりますよ♡

 

骨盤の歪みとぽっこりお腹の関係性はこちらをチェック!

骨盤はゆがむだけではない!骨盤の前後の傾きがぽっこりお腹を招きます。

骨盤整体は、歪みの種類に合わせて選ぶのが大事!

小尻が叶う骨盤矯正!歪みの種類に合わせた骨盤整体の選び方