オーガニックコスメってとりあえず肌によさそう!
そんなイメージがありませんか?
でも、いろんなマークがありすぎて、何が何だか?という方も多いと思います。
まず、オーガニックコスメというのは国によって基準が違います。
今回はそんなオーガニックの基準をまとめてみました。
それぞれの国や機関の認証を理解することで、
より自分に合ったコスメが見つけられるかもしれませんよ♡

オーガニックって何?

直訳するとオーガニックは有機体のものを指します。元々は有機栽培や有機農法(化学肥料などを未使用)の農作物に対してつけられたものです。

ただし、何をもって有機というのか?特に加工商品の場合は保存料や防腐剤など線引きはどうするのか?というところで、各国がそれぞれの法律や規定にのっとって基準化しています。

そのため、国によって規定が異なるので全世界共通のものはないです。

通常、オーガニックの化粧品に関しては認証マークが入りますが、製造国によって、認証マークも異なってきます。

 

日本のオーガニック認証

まず、日本では化粧品を「オーガニック(有機)」であると認める概念自体がないです。そのため化粧品に関していうと、オーガニック製品というものに注目が集まったのはかなり遅く、国として何か認証してということはしておりません。

一番近い認証制度に食品の「有機JAS」があります。

有機JASマーク

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。
この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

引用:農林水産省 有機食品の検査認証制度

そのため、化粧品や健康食品の原料メーカーさんなどは、有機JASの認証をとった植物を原料に使うことで、オーガニックコスメの差別化ポイントとして訴求していたります。

有機JASは、栽培期間中に特定の肥料や農薬を使わないといった国の基準をクリアしているものです。有機JASは国が規定している認証。食なので農林水産省ですが、化粧品は厚生労働省の管轄。そのため、有機JAS認証は化粧品には使いません。

化粧品の場合は、2007年に民間組織であるNPO法人「日本オーガニックコスメティック協会(JOCA)」がオーガニックコスメの認証機関として設立されました。食品と化粧品は添加物の種類など根本的に異なるので、現在はこのJOCAが日本のオーガニック推奨マークとしては一番近いと言えます。

オーガニックコスメ推奨品マーク
  1. 消費者が安心安全な化粧品を選びやすくする。
  2. 安心安全なオーガニックコスメ製造の指針となる。
  3. 「衣食住」丸ごとオーガニックライフの普及を促す。

引用:日本オーガニックコスメティック協会 認証マークについて

ただし民間組織であるため、有機JASのように厳密な法規定はありません。

食品との一番大きな違いは、食品でオーガニックや有機栽培を名乗るには、日本国内では有機JASが必要なのですが、化粧品の場合、オーガニックではない企業がオーガニックと名乗っても罰せられないというところです。

ただ、年々広まってきているので、今後は認証マークをつけるところ増えていくのではないかな?と思います。他の団体でも、いくつか独自の認証を付ける動きが出ています。

 

海外の認証マーク

世界ではじめにオーガニック認証を作ったのはドイツのBDIHだと言われています。2000年に、ドイツではBDIH コントロールドナチュラル・コスメティックという新しい自然化粧品の認定ガイドラインがつくられました。

BDIH認証ロゴ

入手が可能な限り、有機栽培(kbA)または野生群生の植物から抽出した 原料を使用し、野生群生の植物の生態系に影響を与えないように採取されるものを使用します

引用:TiaFla

フランスでは、エコサート。エコサート自体がオーガニック市場で最大のシェアを誇るので見たことある!という方も多いのではないでしょうか。

1991年にフランス農務省が、有機栽培食品を認可する目的で設立したオーガニック認定機関ですが、コスメに関してもこちらの機関でCOSMECO(コスメエコ)と、それ以上に更に厳しい基準を持ったCOSMEBIO(コスメビオ)があります。EU内がほぼパスできる認証マークなので、日本でもこちらの認定を目指して製品化する企業もあります。

引用:ECOCERTJAPAN

オーストラリアはACO(Australian Certified Organic)。こちらはオーストラリア政府検疫検査局が管理しており、オーストラリア国内最大のオーガニック認証機関です。

オーストラリア認定オーガニック

ロゴ引用:Australian Certified Organic(現地のWEBサイトのため英語サイトになります)

鉱物と水を除いて、1点1点が95%以上有機栽培法で作られた農作物を使用する、 遺伝子組み換え品、化学合成成分は一切使用しないなど、いくつかの規定があります。

 

基準は国によって違う

各国基準が違うので、正直なところ数えきれない認証マークがあります。海外は食のオーガニックを認定する機関がコスメの認定もやっていることがほとんどです。

どの認証も、だいたい全成分のうち95%をオーガニック認証のものを使うこと、原料は化学肥料を使用しないこと、動物実験を行わないことなどは共通しています。

もし、ご自身が手に取った化粧品に何かマークがついていたら、是非そのマークをチェックしてみてください。その製品のもっと深いこだわりを感じることができますよ。オーガニックコスメの場合、契約農場など、原料レベルで確認ができるので、見えるという安心感も得られますね♡