女性は一年中冷えに悩む方が多いので、
日常的に「しょうが」を愛用していらっしゃる方も多いことでしょう。
そんな「しょうが」を活用して、代謝UPができたら…
ダイエット効果も狙えるので万々歳♪といったところでしょうか。
今回は、漢方における「しょうが」の効能も踏まえ、
その実力を確認してみたいと思います。

 冷え性には…「しょうが」の《ジンゲロール》が効くらしい♪

皆さん、《ジンゲロール》という成分名を聞いたことがありますか?ご存知の方は…しょうがの冷え性対策のプロですね!(笑)

「しょうが」に含まれる成分なのですが、特に金時しょうがに豊富に含まれている成分なのだそうですよ♪まずはそのことを頭に入れて、効能もチェックしてみましょう!

 

《ジンゲロール》の効能

・冷え性改善
・免疫力UP
・二日酔いやつわりなどの吐き気の抑制
・コレステロール値の改善
・肥満防止
・老化予防

どれも女性にうれしい効果ばかりですよね!

続いては、《ジンゲロール》の中でも冷え性改善とそのダイエット効果を注目してみます。

 

 《ジンゲロール》の冷え性改善&ダイエット効果

 《ジンゲロール》の冷え性改善効果

《ジンゲロール》が加熱によって《ショウガオール》という成分に変身!
その《ショウガオール》の作用によって、冷えの改善効果があると言われています。

冷え性は末梢血管の血行障害です。手足の先端が特に冷えてしまうイメージがあるかと思います。しかし、手足だけに起こる障害ではありません。

血行不良によって、頭痛や肩こりが起こる場合もあります。血流改善することが、冷え症の改善に繋がり、頭痛・肩こりの緩和にとても有力な手段なのです。

こういった血行不良には、女性の体で大きな役割を果たしている物質「プロスタグランジン」という物質が原因のひとつとも言われています。

この物質は、体内のホルモンや神経伝達物質など様々な生理活動に作用する物質の一つです。その働きは、血管収縮、血小板の粘着性を高める働きをしています。

「プロスタグランジン」のバランスが崩れると、血管収縮作用が強く出てしまい、血行不良が起きます。そういった状況に《ジンゲロール》には良く働いて、血管を拡張して血流改善へと導いてくれるといった素晴らしい効果を兼ね備えています。

 

 《ジンゲロール》のダイエット効果

上記でも述べましたが、《ジンゲロール》の血流改善作用から体内の代謝が活性化されて、エネルギー消費をアップできるとも考えられています。

上記以外の「しょうが」のうれしいダイエット効果こちらの記事に掲載されています。

話題の健康ドリンク「スウィッチェル」ダイエットやデトックスに効果抜群!

「スウィッチェル」はダイエット効果絶大

【含まれている成分】特に期待できるのが…デトックス効果!

②【生姜】

 漢方的な「しょうが」の働きや主な効能は?

薬膳では食薬として重宝されている「しょうが」。その役割や効能を見てみましょう!

「食材」としての働き

・五味(味):辛

・五性(性質):温

・帰経(作用する臓器):脾(消化・吸収機能、水分・栄養の代謝など)、肺(呼吸機能、皮膚機能など)

 

効能

新陳代謝を高めて体を温めるので、お腹が温まります。
胃腸の調子を整えて食欲増進し、風邪の初期症状を改善します。
肺の働きを高めて、冷えからくる咳と痰にも効くとされています。
魚介類などの食中毒予防や、解毒作用もあります。

 

オススメの薬膳

しょうが紅茶
さらに、温性の黒糖を加えても◎です。
冷え症の方以外にも、落ち込み気味の方や、イライラする方にも効果がありますよ。

 

 「しょうが」でポカポカ~冷え知らずのスッキリボデ!

いかがでしたでしょうか?
「しょうが」は風邪の初期症状や食欲不振にも効果があって、美容と健康に欠かせないと言えます。
ぜひ「しょうが」の効果を堪能しながら、理想の体作りへと役立ててください。