冬よりも夏の方が調子が悪くなるのは私だけでしょうか?
夏の方が冷房にやられて自律神経が乱れたり、食欲も落ちがち。外を歩いたらなんだか夏バテ。そんなあなたはもしかしたら隠れ冷え性かも?夏は冷やすことばかりに目が行きがちですが、夏こそ温活が必要です!

夏の方が冷えるという事実

皆さん、寒い冬の方が手足の冷えがつらい・・・靴下履いて、腹巻巻いて、と頑張ってませんか?

夏の体こそ冷えの危機にさらされています。

例えば夏は外を歩いてると汗をかきますよね。そのままクーラーの効いた室内に入り、「あー極楽♡」とか言っていませんか?

汗は元々体温を下げるためにかきます。

そして、そのかいた汗が冷房で冷やされ、冷たい湿気となって体につきまといます。

特に夏場はノースリーブに素足なんて服装もざらなので、一気に体温は奪われるのです。

特に足元は結構が悪くなり、末端まで血が行き届かなくなります。

理想体温は37℃

本来、人間の免疫機能や活動を考えたうえでの理想体温は37℃だそうです。

自慢ではありませんが、私平熱37℃です。(元々高めですが色々やってるのでさらによくなりました)

35℃台の方は1℃以上体温をあげる必要があります。

最近の研究では、体温が1℃下がると免疫力は30%低下し、逆に体温が1℃上がると免疫力は5~6倍になるということも判明しています。免疫力は白血球の働きが大きく関係してきますが、白血球は温度が上がれば上がるほど動きが活発になります。なので、元気な体にはしっかりと高い体温が不可欠です。

がんが低体温の人がかかりやすいということは皆さん聞いたことがあると思いますが、うつ病も実は脳の血行不良が原因だといわれており、冷えが大きく関係していると研究が進んでいます。

冷えはあらゆる病気の引き金になるので注意が必要です。

例えば外出から戻る際、キンキンの冷房にさらす前に一度汗を拭いて体が冷えるのを防ぎましょう。それだけでも積もると大きな差になります。

冷たい食べ物は腸の働きを鈍くする

夏は起きたら冷蔵庫で冷やした冷水を飲み、お昼は冷やしサラダうどん、午後の息抜きに氷たっぷりアイスコーヒー。夜は近々に冷えたビールで乾杯!なんて生活していませんか?

夏は絶対冷たいもの!というあなたは要注意ですよ。そのうち胃腸がストライキを起こすかもしれません。

夏の風邪は胃腸にもダメージを与えるので、菌が入ってこない強い胃腸にしておきたいですね。

夏の冷え性予防は腸ケアから

朝の白湯(さゆ)

毎朝、起きたらすぐに、何をするより先に白湯を一杯飲むようにします。
身体を温めて循環を良くし、デトックス効果をあげるダイエット方法です。朝、お腹の空いた状態で朝ごはんを食べると吸収してしまいますが、まず白湯を一杯飲むことで、それをなだめる効果があります。
また、身体を温めることでデトックスにもなります。

寝起きにキンキンに冷えたお水ぶっかけられたらびっくりしますよね?(ふざけんなですよね)

胃腸の中も同じです。もちろん熱湯は熱湯で、熱すぎて刺激になるので、ぬるめのお湯が一番良いです。

これだけでびっくりするくらい胃腸の動きと血液循環がスムーズになります。

これはできれば年中続けたい習慣です。

朝の腸マッサージ

白湯とともにぜひお試ししてほしいのが腸マッサージ。(別名うんちマッサージ)

白湯で胃腸が目覚めて動き出したところで、おへその周りを軽く押しながら時計回りにぐるぐるほぐしてあげてください。ゆーったりと大きな息を吐きながらやるとさらに良いです◎

腸は造血の役割も担っている器官。朝からしっかり動いてもらい、昨日の老廃物はデトックスして新鮮な血液を作ってもらいましょう!

オフィスの中でも冷え性対策

デスクの下で足指じゃんけん

足指じゃんけん知ってますか?その名の通り足でグー・チョキ・パーするだけです。

(チョキはとても難しいですが、)3回ぐらいやるともう足先ぽかぽかしてきます。

仕事中寒さを感じたらひっそりと10回程度やりましょう。末梢神経が刺激され、毛細血管の血流もよくなります。足指の運動は偏平足や外反母趾の予防にも良いそうです!

手指の爪もみ

これまた仕事に飽きてきたらいつでもやってください。各指の爪の付け根部分を反対の手の親指とひとさし指でつまんでもみもみするだけです。手足の先には、動脈と静脈を結ぶ血管もたくさんあり、神経線維が密集しています。ここを刺激すると、過剰なストレスなどで乱れた自律神経のバランスよくなって免疫力の正常化につながります。

指は冷房の影響でダイレクトに冷えやすい場所です。ぜひ積極的に刺激を与えて末端までしっかり血流を促して冷えを予防しましょう。

夏の冷え性対策が冬の冷え性予防の基盤をつくります。無理のない範囲で続けてみてくださいね。