ここ数年、ロングボトムやワイドシルエットが流行ってきましたが、
そろそろショート丈のボトムも復活の予感。
ミニスカや、スキニーパンツを履きこなすためには、
すらりとした美脚でない映えませんよね。
最近脚のケアがおろそかだ!というあなた、膝上にたるみはでていませんか?
そんなときはマッサージがおすすめです!
マッサージはやればやるほど効果がでます。
効果的なセルフマッサージを習得して、しっかりとセルフケアしていきましょう。
脚痩せは毎日の積み重ねが一番の近道です!!

マッサージではリンパ節が最も大事

人の身体の中には、リンパ管という管が網目のように張り巡らされています。

リンパ管にはリンパ液という体液が流れており、リンパ液はウイルスや細菌などと戦ったり、不要になった老廃物を処理する役割があります。

風邪を引いた際に首のリンパが腫れたりするのは体内で戦っている証拠です。

そのリンパ管の節目の部分が大きなリンパ節になります。体内には約800箇所ものリンパ節がありますが、その中でも下記の図で示したリンパは、特にむくみやつまりの体感もでやすく重要なところです。

リンパ管を流れるリンパ液が箒(ほうき)&ちりとりで掃除しながら移動しているお掃除屋さんだとしたら、リンパ節は大きな「ゴミ箱」のようなものです。ゴミはゴミ箱に入れてこそ、掃除完了ですよね。

しかしながら、むくみがひどい人や老廃物が溜まっている人は、ゴミ箱までたどり着けていなかったり、リンパ節がゴミで溢れ新しい老廃物が詰まっていたり、ということが起こります。

なので、リンパ節を綺麗な状態にしておくことで老廃物の処理もしやすくなります。

全身の主なリンパ節-図解

このリンパ管の節目にあたるのがリンパ節で、1~25mm程度のそら豆の形をしており、頸部(首)脇の下そけい部に多く集まっています。

引用:いしゃまち リンパ節炎はなぜ起こる

美脚のためのマッサージとなると、特に重要なのはそけい部と膝裏のリンパ節です。特に、膝裏はむくんでくるとあからさまにパンパンになってくるのですぐわかります。

 

リンパは関節部分でつまりやすい

リンパは筋肉がポンプとなるので、動きが固定されがちで筋肉があまり動かない箇所が流れが悪くなりやすいです。

下半身でいうなら足首になります。

足首は重力により老廃物が蓄積しやすいうえ、関節部分なので、大きな筋肉のポンプがなく流れが淀みやすくなります。この部分には老廃物が詰まりやすくなるので、しっかりと足首周りはほぐすことを意識しましょう。

くるぶしの骨の周りは冷え性に効くツボもいくつか点在しています。冷え対策のためにも、くるぶし周りもくるくると親指でイタ気持ちいい程度に押していきましょう。

 

マッサージの強さはお肉のタイプで分ける

むくみ撃退<弱め>

脚痩せのマッサージというとゴリゴリやらないと効果がなさそう!と思う方も多いかもしれませんが、リンパ管は比較的表面を流れているので、むくみの撃退でリンパを流したいという場合は表面をなでるような優しいマッサージでも大丈夫です。

実際、リンパ浮腫の方の治療で行うマッサージは優しいタッチで行います。

セルフマッサージでも、優しいタッチで行う分、通り道はしっかり意識し、先ほどの図にあったリンパ節にゴミを集めて持っていくつもりで手のひら全体でなで、リンパ節の部分はこわ張りがなくなるまでさすって老廃物をしっかり流していきましょう。

 

セルライト<強め>

セルライトは比較的深いところまで脂肪が固まっており、意識的にほぐしてあげる必要があるため、表面をなでるだけでは改善しません。強めの圧でぐっとマッサージしていくか、マッサージ用のアイテムを併用していくことで効率よくセルライトを潰していきます。

特にセルライトの多い太ももはしっかりと掴むようにマッサージすると効果的です。

こちらも、最後は老廃物をゴミ箱にしっかり流し込みたいので、リンパ節にしっかり流し込むのがセルフマッサージでも効果をだしやすくするコツです。

 

モデル直伝のマッサージ

モデルさんのスラリとした美脚はため息がでるほど美しいですよね。そんなモデルさんの脚のマッサージ方法を、人気モデルの西内まりやさんが紹介してくれています。

西内さんは素手をグーにして骨の凹凸を利用して刺激していますが、かっさなど、マッサージの道具を持っている方なら、そういったケアアイテムを使うのも◎です。西内さんはコルギという韓国の痩身方法をベースに強めのマッサージを行っていますので、強いのが苦手な方は少し力を緩めて行ってください。

引用:西内まりや 「☆脚痩せマッサージ☆」

 

脚は毎日老廃物がたまり、むくみが出やすい場所です。毎日わずかの蓄積でも、確実に老廃物は積もっていきます。逆にいうと、毎日マッサージしていくと確実に少しずつ減らすことができるということです。

毎日2~3分マッサージするだけで、1ヶ月後の脚のラインが変わるかもしれませんよ!