最近流行りのスーパーフード。
色々なものが注目されていますが、今回ご紹介したいのは「藻」です。
藻らしく、とても鮮やかなグリーンが特徴のクロレラとスピルリナをご紹介します。
藻の健康効果ってどんなものがあるかご存知でしょうか?
癖もなく、色もきれいで華やかな料理にもぴったりのクロレラ&スピルリナ。
あまりなじみがない人も多いのですが、
とても身近なお菓子に入っていたりするんです。
どんな健康効果があるかご紹介していきます。

クロレラとは

オランダの科学者バイエリンクは、1890年(明治23年)、顕微鏡でやっと見える小さな美しい緑の植物を発見。ギリシャ語の“クロロス(chloros・緑の)”とラテン語の“エラ(ella・小さいもの)”を合成してクロレラ(chlorella)と名付けました。


引用:クロレラ工業

クロレラは直径3~8μm(ミクロン)という目には見えない小さな小さな球形の単細胞緑藻で、主に湖沼や河川などに生息しています。光合成によって成長し、20時間で4分裂という驚異的なスピードで細胞分裂を繰り返します。(人間をはじめとする動植物の細胞は通常ゆっくりと2分裂しながら増えていきます)

 

緑黄色野菜レベルの豊富な栄養素

藻というだけあり、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸、食物繊維、葉緑素などの栄養成分が含まれています。食生活で不足しがちな緑黄色野菜の代替食品として摂取でき、アミノ酸の含有量も多いので、栄養補助食品としてもよいです。

 

光合成をする植物だけが持つクロロフィル

クロロフィルは植物の葉緑体に含まれている緑色色素で、光合成をするのに必要な葉緑素と言われるものです。光合成ということは植物にとっては生命活動の核の部分を担います。

このクロロフィル、有機ゲルマニウムという物質を含むのですが、このゲルマニウムという単語は聞いたことある!という方も多いのではないでしょうか。

ゲルマニウムは身体のすみずみに酸素を送り届ける作用を果たすことがわかっています。そのため、摂取することで、貧血の予防と改善が期待できます。

また、クロロフィルには高血圧や動脈硬化の原因となるコレステロール値を下げ、血中脂質の正常化をする働きがあることも確認されています。

小さな身体の中に大きな栄養を抱えてますね!

ものすごい生命力のスピルリナ!

ここでもう一つの藻を紹介していきます。

今度はスピルリナという藻です。

顕微鏡でのぞくとクルクルっとしたらせん形をしています。
その形からラテン語の”ねじれたもの”とか”らせん”を意味する”Spira”(英語ではSpiral)が語源になっています。
スピルリナが藻類(そうるい)として発見される以前から、自生していた湖(アフリカやメキシコの塩湖)の周辺に住む原住民はスピルリナを食糧としてパンやスープにして食べており、古くから今日に至るまで数千年間スピルリナを食糧として利用する習慣が受け継がれて日常食になっていったという記録があります。

引用:DICライフテック

スピルリナには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、γ- リノレン酸、先ほどご紹介したクロロフィルという葉緑素がしっかり含まれています。

さらに核酸、酵素、フィコシアニンなど、普通の食事では摂取しにくい成分がバランス良く含まれています。

 

これから注目の成分、それが核酸!

核酸は、DNAの総称で、免疫力や基礎代謝を高めてくれる”第7の必須栄養素”と呼ばれる成分なのです。
継続的に摂取することで体質が改善され、様々な効果につながるとして、今注目の成分です。

遺伝子が病気やストレスで傷つくことで老化が進むと言われていますが、この核酸は、傷ついた遺伝子を修復し、細胞分裂を促進させます。

美容面で見てもアンチエイジングにおすすめの成分です。

 

実はお菓子の原料にも使われている

ガリガリ君ソーダ味の水色の正体は・・・なんとスピルリナ!

あっかんべーで、わかります。昔は子供たちが、あっかんべーしてアイス色に染まった舌を見せたもの。けれど、今はもうそんなことはありません。ガリガリ君も、合成着色料を使用していません。ソーダの水色は合成着色料不使用。

引用:DICライフテック

全国でおなじみのガリガリ君ですが、ソーダ味の綺麗なブルーはいかにも合成の着色料に見えますよね?じつはこのブルー、スピルリナから抽出した青色色素フィコシアニンが添加されています。

安いお菓子は人工着色料の使用が目立つ中、「子供たちも食べるものだから」ということで、フィコシアニンを使用しているそうです。安全をきちんと考える企業精神、素晴らしいですね。

クロレラも、綺麗な緑色になるので、抹茶味のお菓子などに添加されていたりもします。粉末の状態でも販売されていますので、お菓子作りなどを良くされる方は、着色として使われても◎です。

他にも、鮮やかなグリーンを生かして、アボカドのディップなどに混ぜても彩り綺麗な食卓になりますよ。

サプリメントとしても優秀ですが、お料理に混ぜて使うことで、より自然な状態で摂取できるのでお子さんがいるご家庭にもおすすめです♡