最近どこを見渡してもスマホ、スマホ・・・。
駅でのアナウンスも「歩きスマホは危険なのでおやめくださ~い!」と、
毎日のように流れてますよね。
私達は1日のうちでどのくらいスマホを見て過ごしているでしょう。
暇さえあればという方が多いのではないでしょうか。
スマホの触りすぎは、実は猫背に繋がり、
そして太ることにも繋がるとも言われています。
なんと恐ろしい!
今日はそんな猫背とおデブの関連性と、
猫背の解消法をお伝えしていきます。

スマホ猫背は健康に悪影響を及ぼす

スマートフォンの普及によって、ゲームやSNSなど、ちょっとしスキマ時間も退屈せず過ごせるようになりましたよね。しかしスマホを見ているときの自分の姿勢って、どんな風になっているか気にしたことはありますか?基本的にはうつむいてスマホを覗き込むことでが多いのではないでしょうか?

実は現在、「スマホ猫背」と呼ばれる猫背の人が急増していると言われています。猫背は、健康にさまざまな悪影響を及ぼすと言われていますので、日々の予防と対策が重要なのです!

スマホ猫背が招く体への悪影響

肩こり・首コリの発生

猫背になっていると首や肩、腰などに負担をかけていると言われています。長時間その姿勢を続けると、血管が圧迫されるので全身の血行不良を引き起こす恐れがあり、その結果、筋肉のこわばりやコリを招きます。

 

歪みの発生

筋肉のこわばりやコリを抱えたままになると、筋肉や関節の可動域が落ちてしまい、動かしづらくなってしまいます。そして、動かしづらくなったり痛みが発生することでその部位をかばい、他の部位にさらに余計な負荷がかかります。その悪循環が最終的に歪みとなって返ってくるのです。

 

むくみの発生

筋肉がスムーズに動かなくなり、本来動くべき筋肉が動かしにくくなることで、痛みや歪みだけでなく、退役や血液の循環がさらに悪くなります。そうすると血液のみでなく、体液の循環が悪くなってしまい、むくみを引き起こすのです。

 

代謝が落ちる=太りやすくなる

肩こりや歪みが発生し筋肉の稼働量が少なくなり、結果的に代謝の低下にも繋がります。

つまり、脂肪燃焼しにくくい体になってしまうのです。むくみもかかえやすくなるので、気を付けないとボディラインも膨らみやすくなります。

 

医学的にみてもスマホ猫背は問題

最初は方や首のコリだけなのですが、そのうち、どんどんいろいろな箇所に不調が出てくる可能性があります。何事も早めの対処が大事ですね。

頭が前に突き出すと、背中や肩の周辺にある僧帽筋が頭を支えようと緊張し固くなる。頭部は全体重の約10%を占めるといわれ、それを支える僧帽筋には相当な負荷がかかる。

背骨は自律神経などの通り道。背中が丸いと神経が圧迫され、様々な体調不良を招く。片頭痛や内臓機能の低下などにつながる恐れがある。「姿勢が悪いだけ」と甘く見ていれば、いつの間にか深刻な症状に発展しかねない。

引用:NIKKEISTYLE

 

スマホ猫背を解消する

まずスマホ猫背には、肩・首周辺の筋肉をほぐしてコリを取るというケアと、姿勢を元のまっすぐな状態に戻すという2段階のケアが必要になってきます。

 

首肩のコリを取る筋膜リリース

引用:筋膜リリースのやり方-肩こり首コリをリラックス

 

まずは、首や肩のコリがひどくなる前に、しっかりと筋肉をほぐして翌日に持ち越さないようにしましょう。

筋膜に重点を置いたケアについてはこちらの記事でも何度かご紹介していますが、骨や筋肉を包んでる筋膜は、血行不良が発生して動かなくなってくると周辺の組織(筋肉や骨)に癒着してくっついてしまいます。そうするとさらに筋肉の可動域は落ちてしまうので、そうなる前に癒着しかけている筋膜をしっかりとはがしてあげましょう。

片方の手で首に手のひらを密着させてしっかりと首を支え、もう片方の手で頭の上を通って反対側の耳をおさえたら、頭を支えながらゆっくりと頭を傾けていき、痛すぎない伸びきったところで20~30秒キープしていきます。

その際に息をゆっくりと吐きだしてあげるとより効果的です。首の筋肉がリリースされて、首や肩の血行がよくなりますよ。

詳しくは動画をご覧ください。

 

猫背を治す姿勢

まずは、正しい姿勢にこまめに戻す意識を持つことが必要になります。良い姿勢というと胸を張りがちですが、それよりも肩甲骨と肩甲骨の間を狭くするような意識を持つほうがきれいな姿勢を作りやすくなります。

イメージを持つとよりしっかりと効果を感じやすいと言われています。

頭の先から糸で吊られているようなイメージで肩の力を抜いてリラックスしながらまっすぐ立ち、足の裏には根っこが生えているようなイメージを持って姿勢を正しましょう。

そうするととてもきれいな立ち姿を作れます。

信号待ちの間、電車をホームで待つ間、ほんの少しの時間でいいので意識してみてください。正しい姿勢は、本来あるべき位置に筋肉を配置し、動かすべき筋肉がきちんと動くようになります。

ちょっとした動きでも、毎日続けることでスマホ猫背どうよう癖付けをすることができるのです。

猫背を治す筋トレをしたいという方は、別の記事にてご紹介していますのでそちらも合わせてお読みくださいね♡

関連記事<肩こり・猫背さん必見!背筋ストレッチで、コリも脂肪もバイバイ♡美姿勢に!>