冬と言わず年中困るのが、がさがさしたひび割れかかとの問題!
冬の間はタイツや靴下で隠れるからいいやと、
保湿ケアがおざなりになっていませんか?
放っておくとどんどんかかとのひび割れは進みます。
ひどくならないうちに、しっかり保湿ケアを行い改善していきましょう!
今回は効果的な改善方法をお伝えしていきます。

かかとのひび割れはなぜ起こるの?

まず、何故かかとがひび割れてしまうのかというと、それはかかとの角質が厚くなりすぎているからです。かかとは全身の体重を受け止め、さらに歩行など着地の際の接地面なので、衝撃も受け止めています。そのため、他の部位よりも肉や骨、皮膚組織を守るため角質が厚くなりやすいのです。

角質の厚さが正常値を超えてごわごわになっている状態を皮膚科では”角化症”ともいうのですが、ひどくなると角質がひび割れ、中の組織がむき出しになって出血することもあります。

 

乾燥

これは誰もが思い当たるものですが、かかとって角質が厚く全然汗をかかないので、常に乾燥しているイメージがありますね。ひび割れするということは角質に柔軟性がなくなっているということ。やはり皮膚が乾燥してしまうと角質に水分が足りず、ごわつきやすくなります。

土を思い浮かべてもらうとわかりやすいのですが、水分を多く含んだ泥はみずみずしいですが、干ばつなどで干からびた土はひび割れてしまいますよね。あれと同じイメージです。乾燥がひどくなると、柔軟性がなくなり、ひび割れします。

 

冷え

冷えと角質って関係あるの?と思う方もいると思いますが、冷えることによって血行が悪くなるので、栄養や水分が行き渡りにくくなります。そうすると、乾燥しやすい状態になってしまい、さらに肌のターンオーバーが通常よりも遅れ、古い角質が溜まりやすくなるのです。

冷えというのは単純な足元の冷えだけではありません。内臓周りが冷えると、そこを優先して体温維持しようとするので、末端に流れる血液の量がセーブされてしまいます。

なので、冷え対策をするときは足元だけでなく、全身(特にお腹・胸の内臓周り)を冷やさないようにするのが大切です。

 

古い角質の蓄積

乾燥や冷えによって肌の水分量が落ち、栄養がいきわたらなくなると、角質は硬化していきます。

さらに、肌細胞の元気がなくなるので、新しい肌細胞が、古い角質を押し上げるだけの力を持たなくなってしまいます。そうするとターンオーバーが乱れてしまい、古い角質が残る原因になります。

古い角質が剥がれ落ちにくくなるので、どんどんたまり、ごわごわになっていくのです。

 

外部の刺激

これはどちらかというと、素足で過ごす夏場の方が起こりやすいです。

特定の部位に衝撃吸収を何度もしていると、その部分の衝撃を和らげるため、皮膚は硬くなります。そのため、ヒール靴を毎日履いている方は。指の付け根の部分だけが固くなっていませんか?

かかとも、着地の際に衝撃が加わるので厚くなりやすいです。冬の場合は厚手の靴下など履く方が多い分、衝撃は和らぎます。

また、汚れの付着によって皮脂や水分が奪われてしまったり、靴との摩擦によってもかかとの角質は硬くなります。紫外線のダメージもかかとの角質硬化を招く原因です。

 

かかとの保湿ケア

かかとの角質ケアというと、まず削る!という方がとても多いのですが、実はこれNGなのです。

かかとを削る行為は、「外部刺激」に相当します。そして、むき出しになった新しい細胞が未熟なことが多く衝撃に耐えようとするため、またしっかりと硬くなってしまうのです。

一時的なケアには適していますが、根本解決にならないので、削るよりも保湿ケアを意識していきましょう。

保湿+温めのWケアがひび割れ改善には最強!

かかとのひび割れの最大の原因は”乾燥”と”冷え”です。この2つを同時に改善できれば、かかとの状態も早く良くなります。しっかりと保湿ケアの効果を行き渡らせるために温めることも意識して行いましょう。

一番良いのがお風呂でのケア。

かかともお風呂で水分を吸って一時的に角質がふやけます。この時に足裏をもんで、しっかりと血行促進していきましょう。お風呂に浸かっている間に両手で足裏をつかんで、親指でつぼ押ししてあげるだけでOK。

そして、ここからが最大のポイントです。

足がふやけているうちにしっかりと保湿ケアをする!!

どうしてもお風呂上りは顔のケアを優先してしまうので足のケアが後回しになりますが、足の裏が柔らかいうちに保湿ケアをしてあげるほうがしっかりとなじみます。

乾いてからでは遅いのです。今日から保湿クリームやオイルを洗面所に置いて、お風呂上りに即塗り込んでいきましょう。同じアイテムでケアしていても効果の出方が変わってきますよ♡

朝もケアする際に乾燥したままよりも、時間があれば蒸しタオルで一度くるんで、その上から手の指で指圧してからクリームを塗るととっても効果的です。

 

血行促進にはつま先立ち

あとは日中簡単にできるかかとケア。それはつま先立ちです。

つま先立ちをするとふくらはぎの筋肉がキュッと締まり、着地すると弛みます。

ふくらはぎの筋肉は、下半身の血液を上半身に送るポンプの役割があります。第二の心臓とも呼ばれているので、この筋肉を鍛えることによって血行が改善されていきます。是非意識して動かしていきましょう。

「つま先立ちをして、ゆっくり戻る」

この動作を30回ほど繰り返すだけで血行がかなり改善されますよ。

血液だけでなくリンパの流れもよくなるのでむくみ予防にも◎。

是非トイレの個室の中でこっそりやってみてください♡

血行促進&保湿のWケアで、手持ちの保湿クリームの効果もアップしますし、かかとの乾燥やひび割れも早く改善していきますよ♡