冬のブーツ、かわいいですよね!
ところで、足のムレと臭いは大丈夫ですか?
予定外の座敷での飲み会に「どうしよう~」と、
うろたえたことは誰しも一度や二度はあるのではないでしょうか。
夏は一生懸命汗のケアをする方がほとんどですが、
冬は何もしないという方が大半です。
夏は汗の対策が必要ですが、冬に必要なのはムレの対策。
寒くて換気をしない冬だからこそ足はムレがちです。
冬には冬の臭いケアが必要!
しっかりとムレと臭いのケアをして、
冬も女子力高くいきましょう♡

冬の体はムレやすい

夏と違って汗をかかないからと、ニオイのケアがおざなりになっていませんか?冬は部屋に臭いがこもりがち。それはきちんと換気をしていないからです。

身体も同じです。冬は寒いのでもこもこに着こんで出かけることが多いですが、その間、空気を入れるということは一切しないですよね。特に靴は、靴下と靴というほぼ密閉された中に足をつっこんでいます。

手や足は、暑いという感覚以外にも、緊張など自律神経の乱れで汗をかくことが多くあり、季節を問わず汗をかくことが多いのです。

そういった汗がでてくると、菌が大好きな湿気が登場!その快適な湿度で足の常在菌は大喜びし、じゃんじゃん増殖していきます。そして、足はもれなくムレて、皮膚に存在する常在菌によって分解された汗は、臭いとなって残ります。

 

足の臭い対策

まずは、冬場の汗について考えていきましょう。

そもそも足の裏というのは、背中の約10倍の汗腺があると言われています。面積小さいのに凄いですね。

脚の裏の汗の原因ですが、

①運動時の汗

②緊張時の汗

③温度調節のための汗

が主なものです。運動時の汗については、どうしてもかいてしまうものなので仕方ないですね。緊張時の汗については、特定のとき(人前で話すなど)に汗をかきやすいのか、注意が必要です。

温度調節のための汗については、本来は暑い夏やお風呂上りなど体温を下げたいときに汗をかくものなのですが、冷暖房の空間に長くいたり、頻繁に空調の効いた空間と外気の間を行き来するようなことがあると、自律神経の温度調整機能がマヒしてしまいます。

そうすると、暑くもないのに汗をかいてしまうという事態が発生するのです。特にストレスもないのによく汗をかいてしまうという方は、自律神経がちょっと乱れがちなのかもしれません。

 

汗のケア

ストレスや自律神経の乱れから汗をかくケースも多々あります。自律神経の乱れを抑えるため、小まめに体温調節できるようにしておきましょう。

外から空調の戻ってきたときに、いつまでも厚着でいると体温調節機能が働き汗をかきます。過剰な汗の分泌を防ぐため、上着やマフラーで体温調節できるようにしましょう。

また、おすすめなのがお風呂での汗ケア。まずはしっかりと雑菌を繁殖させない環境作りが必要です。

臭いの対策としておすすめの成分は、緑茶や柿に含まれるカテキン・タンニンなどのポリフェノール。

加齢臭対策にもおすすめの成分ですが、抗酸化作用と殺菌作用があるので、雑菌の繁殖を防ぎ清潔な足元にしてくれますよ。ティーツリーやユーカリなどのハーブの成分も、しっかりと殺菌・消臭作用があるのでおすすめです。

洗い上がりの感触がさっぱりとしているものが多いので、足の臭い対策に使う場合は、ボディ用と分けても良いかもしれません。また、抗菌で有名なのは銀(Ag)です。優れた抗菌効果があり、無臭なのでクリームなどに配合されています。

汗がどうしても気になる方は、外出時に専用のクリームを塗るのも◎ですね。

足指さらさらクリーム

引用:デオナチュレ ソフトストーン足指

 

ムレのケア

まず、ムレの対処法で効果的なのは、靴の中敷きと靴下の見直しです。

抗菌タイプの靴の中敷きを敷くことで、湿気がこもっても菌が繁殖しにくく、臭いが広がりにくくなります。また、靴下も同様で、通気性の良いコットンや竹布を使った靴下に変えると臭いの予防になります。

機能性インナーと呼ばれる、発熱性の防寒着もありますが、ああいったものも足にとってはムレや臭いの原因となるので、購入する場合は抗菌効果があるものを選ぶと良いですね。

また、靴のサイズや形が合っておらず、少しきついために通気性が悪くなっているケースもあります。足に合っていない靴は臭いの元になりますので、靴の見直しも合わせてしていきましょう。

香水のような香りでごまかすケアもありますが、まずは根本対策もしていくことが大切です。しっかりケアして無臭の足に!

躊躇せず靴が脱げる足を目指しましょう♡