大人ニキビは、ニキビにばかり目が行きがちですが、実はバリア機能がとても弱っている状態。肌が敏感になっています。そのため、いつも通りのケアでは肌荒れが止まらない場合も。肌のバリア機能は一度壊れるとどんどん悪化していくので、悪化してしまう前の早めの対策が重要!
しっかり殺菌しながら保湿していくことで、スムーズなニキビケアが叶います!

大人ニキビは殺菌だけではダメ!

ニキビというととりあえず、アクネ菌などの雑菌が繁殖している印象、もしくは皮脂が出すぎて詰まっている印象があると思いますが、大人ニキビの場合、原因がもっと複雑です。

まずは、ニキビができる原因についてはホルモンバランス。

女性の身体は生理の周期で身体の状態が大きく変わります。その変化を起こしているのが主に2種類の女性ホルモン。

  • 皮脂分泌を抑えて肌のバリア機能を高める「エストロゲン」
  • 皮脂を分泌させる「プロゲステロン」

この2つのホルモンがバランスを取り合って分泌されているので、健やかな子宮を保つと共に女性らしい身体を作ります。その反面、ホルモンの影響で肌のバランスを崩すことも。

この2つのホルモンは、体内時計で調整されて一定の周期で分泌されているのですが、疲れやストレス、栄養の偏りなどでホルモンバランスが乱れやすくなります。

特に生理の前後に多く分泌されるのが皮脂の分泌を促すプロゲステロン。皮脂が過剰分泌されるとお肌が不安定になったり、ニキビの原因になってしまいます。

そのため、ニキビはプロゲステロンが多く分泌される生理前後に出てくることが多いです。

皮脂の分泌=脂ぎっているわけではない

ニキビケアとなると、油分の調整がメインとなるアイテムが多いので、どうしても皮脂を抑制するものがメインになるのですが、そもそもホルモンのせいで油分の分泌量が増えているだけなので、脂性肌になったわけではないですよね。それどころか、ホルモンバランスが崩れると肌のバリア機能も低下するので、角質に隙間ができて水分が逃げてしまうことも多いんです。

この状態はインナードライとも呼ばれ、表面は脂ぎっているのに、内面はカサカサで、とてもケアが難しくなります。

この時に重要なのは油を取り去ってバランスを整えるのではなく、水分を増やすことで水分・油分のバランスをとることです。

殺菌力のあるコスメがおすすめ

とはいえ、ニキビができている状態でなかなか何を使っていけばよいのかわからないですよね。

おすすめなのは殺菌力・鎮静力もありながら保湿力も兼ね備えている成分です。

油分が増えたとしても、水分がしっかりと保たれ、角質のバリア機能が機能していれば必要以上に菌は繁殖しません。

炎症部分に対して殺菌や鎮静効果を持たせることで、それ以上の悪化や傷になることを防いでくれます。

そして、鎮静しながら周辺の細胞にしっかりと水分を与えていくことでバリア機能が低下するのを防ぎ、きめ細かい肌を維持することができるんです。

よもぎ

ヨモギは「ハーブの女王」との異名を持ち、かなり万能な漢方薬としても知られています。よもぎを使った化粧水は、殺菌効果に優れておりニキビのケアに向いているうえ、かなりの保湿力を持ちます。そのためインナードライの大人ニキビにはぴったりなんです。

美白効果もあるので、ニキビの炎症が色素沈着するのも防いでくれます。

ハトムギ

ニキビに効くと有名なハトムギ。漢方ではヨクイニン呼ばれる成分です。

毒素排出の手助けをしてくれるのでニキビを早く排出してくれます。ただし、毒素排出の過程で一時的にニキビが大きくなったり増えてしまうこともあるので様子を見ながら使ってください。美白効果もあるので、ニキビの炎症が色素沈着するのも防いでくれます。

月桃

アロマ好きや沖縄好きの方なら聞いたことがあるかもしれませんが、ちょっぴりマニアックな成分です。

一度使うと、とっても良かった!!という方が多い月桃。殺菌興亜に優れていて、虫よけなどにも使われるくらいです。殺菌と抗炎症効果が高いので、ニキビが悪化しないうちに速やかに赤みをとってくれます。

月桃の場合はアロマテラピーでも使われる精油と、精油を作る過程で作られる蒸留水の2種類があるので、化粧水からクリームまで、幅広い製品があります。

引用:生きている月桃水

図でみていただくとわかるようにとっても高い殺菌効果。菌の繁殖力はすさまじく、免疫が落ちている時に肌の状態が傾くと、一気に菌が繁殖してしまうので、悪化しないよう早い段階で食い止めるのが大事なのです。

角質層の保湿=バリア機能の回復

肌が弱っている状態というのは細胞の間に隙間ができてしまっていて、外的刺激を受けやすかったり、体内の水分が蒸発してしまいやすい状態。

しっかりと保湿をしていくことで、水分の膜が外的刺激から肌を守ってくれながら体内の水分の蒸発を防ぎます。ニキビの出ている時は擦るという摩擦刺激は悪化の元になるので、ローションパックなどで、鎮静しながら保湿するのがよいでしょう。

肌がとても弱ってしまったら、上に書いた成分の化粧水でなるべく処方がシンプルなものを惜しみなく使ってローションパックしてあげましょう。手でたたく、コットンで擦るなども刺激となるので、極力優しく行いましょうね。集中ケアを2~3日繰り返すことで、赤みも引いて、自然と小さくなっていきますよ♡

ケミカルな有効成分は肌が弱っている時は刺激が強い場合もあるので、天然成分の化粧水をたっぷり使うのが早く炎症をひかせる秘訣です♡

ニキビと保湿は切り離して考える方も多いのですが、大人ニキビの場合はしっかりと保湿ケアすることが治す近道になりますよ♡