今年もやってまいりました。スギ花粉の季節。今や幼稚園児も発症しているといわれる花粉症。
長い長いお付き合いです・・・。目のかゆみやくしゃみだけでなく、肌にもアレルギー反応がでて肌荒れして困っている方も多いのでは?
実は肌荒れしている時は肌が弱酸性じゃなくなって菌が繁殖しているのかも!
アレルギーシーズンはいつもと違うスキンケアが必要!バリア機能を高めることで、花粉による肌トラブルも起こしにくくなります。

花粉で肌荒れする原因

花粉の付着による肌の炎症反応

花粉は目には見えていませんが、目や鼻の粘膜、呼吸から口内に入ってアレルギー反応を起こしていきます。

それは肌の上でも同じことが起こっています。花粉という外的刺激によって、肌が刺激を受けて皮膚にかゆみがでたり、角質がめくれてしまって肌荒れを起こしてしまいます。ひどくなると湿疹がでてしまうこともあります。

特に素肌のまま露出をする顔は、露出によって花粉が付着しやすく元々の皮膚も薄いので、肌荒れを起こしやすい部分です。

まず、肌の状態がゆらいでくると、一番影響がでるのが肌の角質層。

角質は油分(皮脂)で肌表面に膜を張り、細胞間の隙間も油分で包んでいます。しかし、肌への度重なる外的刺激によって、肌のバリア機能が弱って、時には壊れてしまい、細胞がむき出しになってしまいます。

細胞の表面に隙間ができてしまうことでダイレクトに花粉の刺激が伝わるので、さらに炎症がひどくなります。そうして花粉のピークまで、炎症が延々と続き、肌荒れが止まらなくなるのです。

乾燥の悪循環

バリア機能が低下すると最初に変化するのが肌の水分量。

肌の表面に油膜がなくなることによって、細胞と細胞の間に隙間ができ、閉じ込めていた水分が蒸発してしまいます。

そして、水分が抜けることで細胞が整列せずキメが粗くなり、さらにバリア機能は落ちていきます。

つまり、一度水分が抜け始めると、水分が蒸発→バリア機能の低下を繰り返し、ドミノ倒しのような肌荒れの悪循環になっていくのです。

肌がアルカリ性に傾くと肌荒れしやすくなる

pH値(ペーハー値:酸・アルカリを示す度合い)は、温度や湿度が下がるとアルカリに傾く傾向があります。

加齢によってもアルカリ性に傾きやすくなります。

色々なボディソープやスキンケア製品でも謳われているように肌に一番ベストなpH値は弱酸性。

肌荒れ中は角質の表面がアルカリ性に傾きやすくなっています。

アルカリは、肌の角質除去などの効果があり、弱アルカリ温泉などに入ると肌がすべすべになるというのはこの角質除去効果です。

しかし、ずっと肌がアルカリに傾いてしまうと角質のダメージの原因に。

肌がアルカリ性に傾くことで一気に変わるのが肌の常在菌バランス

「酸」というのは梅干しや酢でもわかるように、殺菌作用があります。

肌がアルカリ性に傾いてしまい、乾燥することでバリア機能も落ちているので、ダニや黄色ブドウ球菌などの肌トラブルの原因になる菌にとってはとっても住みやすい環境に。

そして、全力で繁殖していきます。

アトピーの方もアルカリ性に傾いている方が多いのです。

『酸性水』で弱った肌を弱酸性に引き戻す

肌荒れ中にとてもおすすめなのが「酸性水」。いわゆるphが3程度の酸性のお水です。

ちょっと化学的な話になりますが、アルカリの肌に酸が乗ることで中和され、肌が弱酸性の状態に戻ります。

もちろん一時的な作用なのですが、繰り返すことで徐々にアルカリから弱酸性に肌が戻っていくのです。

これは肌の状態が良いときに使うとただ保湿されているだけで、体感がないことがほとんどなのですが、肌荒れしている状態に使うと、かゆみがおさまった!赤みがおさまった!などの声がとても多く出ています。

アトピーの患者さんにも酸性水を推奨している医院もあります。

酸性のお水をベースに化粧品にしたものも出ていますので、アレルギーシーズンのレスキューアイテムとして使うのがおすすめです。

ドクターレクラム アクアリッチモイストローションプラスは、乾燥肌や過敏な肌に悩む方のために開発されました。
お肌に最も理想的な水を探し求め、たどり着いたのが PH2.5~PH3の酸性電解水です。
その水をアクアリッチモイストローションプラスに採用。
すぐれた保湿力と保護力で、乾燥肌や敏感肌のさまざまな悩みに応えます。
これまであなたのお肌が知らなかった「酸性電解水のチカラ」。 しっとりふっくらとした健やかなお肌へ。

容量/60mL x 1本
価格: 2,800 円+税

ドクターレクラム アクアリッチモイストローション プラス

引用:ドクターレクラム

再生医療から生まれたコスメということで期待できそうですね!

アレルギー特化型のスキンケアを使ってみる

日本が誇る化粧品メーカー資生堂からは、空気中の微粒子汚れや紫外線から肌を守るアレルギー対策スキンケアがお目見え。

アレルバリアテクノロジーという独自のアレルギー対策の処方によって、花粉・ちり・ほこりなどの空気中の微粒子汚れや紫外線から肌を守ってくれるそう。

花粉だけでなく、PM2.5や黄砂などの対策にも良いそうです。

肌への外的刺激をシャットアウトしてくれるので、肌荒れしにくくなり、バリア機能の正常化してくれます。

アレルバリアテクノロジー搭載で、空気中の微粒子汚れから肌を守ります。しっとりした感触でなめらかに広がり、うるおいを長時間持続させます。

SPF30・PA+++
35g 3,000円(税抜)

商品画像

引用:d program アレルバリア

こちらのアレルバリアはミスト、クリーム、BBクリーム(化粧下地)と、花粉をがっちりガードするフルラインでそろえています。

徹底的にブロックしたい!という方はこういったアレルギー対策用のアイテムを使うのもおすすめです。

 

とにかく、一度肌荒れし始めると、負の連鎖になるのが肌荒れです。

春のスギ花粉は3か月ほど、そのあとはヒノキ花粉も飛び始めますので、ひどくなってしまう前に花粉対策のスキンケアの力で、肌荒れを食い止めましょう!!