悪天候や天災の影響によるお野菜高騰、まいりますね。
節約したいけど野菜とらないと体に悪そうだし、ダイエットもしたいし・・・というお困りのあなたには、『乾物』が救世主!
野菜高騰時やお給料日前に是非活用したい手段なんです。乾物は、栄養価や風味もアップしているものが多く、まさに「食べて痩せる」ダイエットが叶う理想の食事。その上保存もきくので、一人暮らしにも、ご家族を支えるママにもうれしいですね。
知っているだけで料理スキルも上がって女子力アップ♡乾物パワーをもらって是非節約&ダイエットに励んでいきましょう♡♡

乾物って地味にすごい!

乾物って積極的に使われていますか?

まず見栄えが悪いし、戻すのもめんどくさいし、活用法がわからないから全然使ってないという方もたくさんいらっしゃいますが、本当にもったいない!もったいないオバケがでそうです。

実は乾物は食べて痩せる、理想のダイエット食。

乾物って干ししいたけや切干大根がイメージ強いと思いますが、いくつかあります。わかめや昆布も乾物ですね。

 

代表的な日本の乾物

<干ししいたけ>

和食には欠かせないしいたけ。お出汁に使うしいたけはこの「干ししいたけ」を使います。

しいたけは乾燥させることで、「グアニル酸」が生成され、うま味や風味がアップします。なので、干しシイタケの方がおいしいお出汁がとれるんですね。実は栄養価は生しいたけの30倍ともいわれています!

しいたけに含まれるビタミンDはカルシウムの吸収を促すので、不足しがちなカルシウムと一緒に摂るとさらに効果UP。

また、元々キノコ類は食物繊維が豊富なのですが、干している過程で水分が飛び、食物繊維の含有量が約10倍になるそうなんです。便秘がちの方は要注目ですね!

しいたけにはエリタデニンという成分も多く含まれています。これは、きのこ類のなかでもしいたけとマッシュルームに特有の栄養素で、特にしいたけはこの成分を多く含んでおり、血圧抑制や血管のつまりやコレステロールの増加を防ぐ効果があると言われています。血管のアンチエイジングに◎なのです♡コレステロールの増加を防いでくれると、ダイエットにも良いですね。

 

<切り干し大根>

こちらは大根を干したもの。一般的なのは「切り干し大根」ですが、大根を太くさいてから干した「割り干し大根」、大根をゆでてから干した「ゆで干し大根」、大根を薄い輪切りにして干した「丸切り大根」などがあります。
生の大根とは違う独特の風味と歯ごたえがあり、煮物や炒め物と、様々な料理に使いやすいのが魅力です。

こちらも乾燥させることで栄養価が倍増!カリウム、カルシウム、食物繊維などが増加します。

むくみの予防になりますし、高血圧予防や腸内環境の改善が期待できます。ダイエットのためには、腸内や血液の状態を良くしておくともっと効果が上がりやすくなります!

 

<ひじき>

実は、日本では縄文時代から食されていたほど歴史の長いひじき。海藻の一種になります。

生ひじきってそもそも売っているの見たことないですよね?生ひじきは渋み・えぐみが強いため一度茹でられてから、干して乾物にされているそうです。

海藻なので、海のミネラルが豊富にふくまれているのが特徴。その中でも、カルシウムは海藻の中でもトップクラスと言われています。

食物繊維や抗酸化作用のあるβ‐カロテン、あとは海藻特有の成分「フコキサンチン」も含まれます。

昆布やもずく、わかめと言った褐藻類は褐色をしていますが、この「褐色」の元がフコキサンチンです。

褐色、と言えば我々の体にも褐色脂肪細胞というものがあります。脂肪をため込むのではなく、ヒーターのように熱を作りエネルギーを燃やしてくれる、ダイエットには欠かせない細胞のことです。

脂肪を燃焼させエネルギーに変える、熱産生タンパク質(UCP-1)と呼ばれる物質は、通常は褐色脂肪細胞と呼ばれる組織にしか存在しません。フコキサンチンはその褐色脂肪細胞と似たような働き(脂肪燃焼)をし、エネルギーの燃焼を促してくれる働きがあるそうです!

栄養豊富で脂肪も燃焼してくれるなんてなんて優秀なんでしょうか・・・!栄養が偏りがちなダイエット中にぴったりですね。

 

<高野豆腐>

和風の煮物でたまに見かける高野豆腐。別名凍り豆腐とも呼ばれています。

豆腐を凍らせてから乾燥させたもので、しっかりと水分が抜けてちょっとスポンジのような食感が特徴です。

豆腐と比べると、たんぱく質量が増え、良質な脂質であるα‐リノレン酸を含みます。この成分はいわゆる「オメガ3」と呼ばれる脂肪酸で、体内では作ることができない成分なので積極的に摂りたい成分。血液をさらさらにしたり、中性脂肪を下げたり、高血圧の予防になります。

他にも、亜鉛、カルシウム、鉄などのミネラル分が豊富で主役級の栄養価です。

紹介しきれないのでこの辺にしておきますが、昆布、きくらげなども乾物です。豆も乾燥状態で売られているものがありますね。

乾物のメリット

①栄養価が高い

とにかく注目したいのは栄養価の高さ。また、ゆでる際に鉄鍋を使うことも多いので、そのおかげで乾物は鉄分を含むことが多く、鉄補給にもなります。鉄不足になりやすい女性にはうれしい成分です。

②財布に優しい

とにかく膨らむのでカサが増え、とってもお腹によいです。

そして、お財布にも優しいです。給料日前や野菜が高騰している時なんかはとっても助かりますね。

③風味が上がる

栄養価だけでなく、アミノ酸などの含有量が増えるおかげで、旨味もアップします。旨味が加わると味に奥行きがでますので、薄味でも満足感のある仕上がりになるんです。減塩にも良いですね。

④保存がきく

これも家計に優しいです。とにかく乾物は日持ちするので、非常食としても置いておけますし、おかずが足りない時のバランスアップにもぴったり。

ちょっとめんどくさいのは、戻す作業だけ。

これは購入した際袋の裏側にも書いていますので、使い慣れていない方は確認しましょう。だいたい30分程度、干しシイタケなどは6~12時間(半日)程度おいておくとキレイに戻せます。豆類などは種類によっては丸一日。

いずれもゆでたり、電子レンジではなく、お水で戻していくのが理想です。

戻し汁にも栄養価や旨味成分がたっぷり含まれますので、捨てずに汁物や煮汁として活用していきましょう!

乾物を使いこなせればもっとダイエット効果はアップします。食事制限するよりも食べて痩せるほうがストレスもたまりにくくなりますし、栄養バランスがあがるので、美肌効果もあります。

さらに節約にもなるので、いいことづくめですね♡せっかくなので、乾物をつかいこなして、もっと女子力アップさせちゃいましょう!!