筋肉は使いすぎても使わなすぎても、コリが生じて固くなります。
そんな“筋肉のコリ”が“たるみの一因”になることをご存知ですか?
自分のコリに気付くには…マッサージやストレッチがおすすめ!
お顔の筋肉を意識しながら、リンパ液や血液の流れを促してみませんか?

“人の顔”には複雑に入り組んだ“細かい筋肉”が30種類以上!

これらの顔の筋肉は、俗に言う「表情筋」を指しています。この筋肉は、使いすぎても使わなすぎても、硬くなったり凝ったりするのです。

“筋肉のコリ”がたるみ、シワなどの原因に?!

顔の筋肉(表情筋)は、顔全体を支えたり動かしたりしています。

この筋肉が衰えてしまうと…

・表情が乏しくなる

・たるみ

・シワ

・肌トラブル

を招きやすくなることをご存知でしょうか?もしかすると…ご自身の顔のコリを自覚されている方は少ないのかもしれませんね。

 

かっさプレートを使って、筋肉のコリを自覚

そこで、かっさを使って筋肉を細かくほぐしていく作業を行うと…ご自身のコリが良く分かる!ということが、かっさの特徴でもあるそうですよ。

かっさについては、こちらの記事もオススメです

【かっさマッサージ】の特徴~“東洋医学メソッド”の理解&その効果的なバランス調整力

顔のトラブルは…“首周辺のコリ”を“小まめ”に“ほぐし”てケア!

顔のくすみを取って血色を良くしたいとき

効果的なマッサージが…首周りをほぐすこと!

 

顔のトラブルの原因

・首筋

・耳の周辺

・肩甲骨周り

などが固くなっている場合がほとんど。

この症状を放置してしまうと…リンパの流れが滞って老廃物が溜まり、首のたるみなどに繋がってしまうのです。

老廃物の蓄積=老化の主原因ともいわれているので、早急に処置したいですよね。

 

1時間に1回程度でOK!首周りをほぐしでリフレッシュ♪

【首周りのほぐしについて】
・タイミング

まずは…1時間に1回などの間隔で、

・位置
コリやすい部位左側・右側それぞれに対して前・後の両方向に。

・回数
各20-30回程度。
大きく回すように動かしてしてみるだけ
であっても…血流は改善されていきます。

デスクワークなどの作業を行う方は、集中力を高めるためにも1時間ごとの休憩とってもオススメ!気分までリフレシュできますのでぜひお試しください!

 

 ライフスタイルの改善で口元の老化をSTOP!

基本のキ!“生活習慣”を見直せば若返りも可能に

大切なことなので、もう一度。
「顔のたるみ」=「表情筋のたるみ」です。

この表情筋が弱って衰えていく主な原因は、老化(年を重ねること)になります。

それに加えて…現代の盲点は…携帯やPC作業の多いライフスタイル、人と話さない時間が増えていることも一因でしょう。そのため顔の筋肉も使うことをほんの少し意識すると、若返りもそう難しくないのかもしれませんね。

 

 意識的に表情筋を動かす筋トレが◎

日本人は子供の頃から表情筋を使う習慣が少ないと言われています。確かに、表情豊かに口を動かしたり、大笑いをしている人をあまり見かけませんよね。それが…残念ながら表情筋の劣化に繋がる原因の1つと考えられているのだそうです。

そのため、意識的に表情筋を動かす筋トレが◎という見解があります。

 

理にかなった「口周りの運動」が効く!

実際、表情筋を意識してながら生活している方は少ないと思います。まずは、口周りの運動ポイントを“意識する”という感覚を身につけていきましょう!

 

 15秒ストレッチで気楽に老化対策♪

元々の顔の筋肉をほぐしてあげるだけでも、リフトアップに繋がりますよ。そのため、運動が苦手で「筋トレかぁ…」と肩をすくめていらっしゃる方でも簡単!口元の若返り=表情筋をほぐすストレッチが最も重要、とも言えそうですね。

こういった簡単な15秒ストレッチからスタートしてみてくださいね。

顔をストレッチ!ほうれい線やむくみ、たるみを解消しよう!

造顔前15秒の小顔ストレッチ!がほうれい線に効果的

顔も体といっしょで、無意識に筋トレをするよりも「どの筋肉を動かしているか」を意識することが最も重要!引き締まった小顔を目指して、造顔トレーニング前には必ず15秒のストレッチから始めてみましょう。

噛む筋肉「咬筋(こうきん)」をゆるめて若返り

あごの両脇、耳下にある筋肉「咬筋(こうきん)」はエラと呼ばれている部分で、咀嚼(そしゃく)筋の一つ。この「咬筋」をゆるめることが、ほっそり小顔への近道です。また、造顔トレーニングの量は多すぎてもNGですが、小顔ストレッチに関しては一日何回でもOK!入浴中は血行促進され◎しかも、ストレスからくる咬筋の噛みしめを解除してくれるスイッチ効果まであります。そのため、「ストレスの気づき」+下記2ステップの「小顔ストレッチ」で意識的に咬筋をゆるめて、より若返りを図りましょう。

ステップ1 咬筋を指で触れる

両頬の脇に手の指を当てて、奥歯を噛み締めてみてください。ポコッとふくらんだところが咬筋のちからコブです。

ステップ2 力を抜いて手のひらでゆ~っくり円を描くように回す

歯は、上下が当たらないように力を抜きます。手のひらは、咬筋のちからコブに手のひらの付け根がくるように頬へ添えましょう。そして、ゆ~っくりと円を描くように一回転につき5秒かけて回す×3セット。指圧ではないので、やさしく、やわらかく行ってくださいね。

 「表情筋」を活かして明るい笑顔と心でハッピーに過ごしましょう!

いかがでしたか?寒い時期は血行が滞りますし、暑い時期であってものぼせてしまって表情が失われることも多いかもしれませんね。これからは一年中ハッピーな表情を意識して、心ごと若返る毎日を過ごしていきたいですね。