あなたは普段眼鏡(メガネ)派ですか?それともコンタクト?
普段裸眼で過ごしている方も、伊達メガネや、サングラスはかけますよね。
そんな時、メイクってどうしてますか?
実は眼鏡があることで顔のバランスは大きく変わるんです。
毎日眼鏡の方はもう慣れっこでしょうが、気を付けてほしいのはたまにしか眼鏡をかけない方。
特に花粉症シーズンのみ眼鏡で過ごす方も多いのではないでしょうか?
今日はたまにしか眼鏡をかけない方でもベストバランスが作れる、眼鏡美人の秘訣をお伝えしていきます♡

眼鏡女子はフレームでメイクを変える

まずは、あなたの手持ちの眼鏡はどんなタイプでしょうか?しっかり黒ぶち?それとも今流行りの細メタル?形も丸っこいか、スクエア型かで、ある部分に影響がでてきます。まずは自分の眼鏡のフレームについてしっかりインプットしておきましょう。

眼鏡女子のベースメイク

まずはベースメイク編です。基本的にファンデーションまではいつもと同じ作業で大丈夫なのですが、ここでも気を付けたいことが2つ。

①眼鏡女子は目元がくすんで見えやすい

これは、眼鏡をかけることによって、目元に影ができてしまうから。この影が目元に光をいれにくくし、影を作ってしまうんです。眼鏡をかけるときはクマ対策とハイライトを意識しましょう。

クマはコンシーラーでしっかりとケア。

  • 青グマさんにはオレンジ系
  • 茶グマさんには黄色系
  • 黒グマさん→ファンデに近い色(オークル系)

のコンシーラーを使ってあげると、よりしっかりとクマ退治できます。ワントーン明るい色で大丈夫!

ハイライトは化粧下地で使う場合、特に目の下~頬骨の上までを意識しましょう。

Tゾーン&目の下に入れていきます。

!注意!パウダータイプのハイライトを使う場合はチークの後、最後の仕上げに使います!!

②鼻筋のヨレがでやすい

眼鏡はどうしても鼻パッドの部分がヨレやすくなります。保湿タイプのリキッドファンデや、クリームファンデを使っている方は特に注意。

普段パウダーを重ねない方も、眼鏡の日はルースパウダーを重ねるとヨレにくくなります。また、かけたり外したりが多い方については、外出時にコンシーラーを持ち歩いておくと、跡をすぐ隠せて便利です。

鼻の跡は毎日眼鏡をかけていると色素沈着して黒ずんでしまう場合があります。

眼鏡の装用時間が長い方、毎日眼鏡の方にはこういった眼鏡跡対策アイテムもおすすめ。

メガネのはなに 跡なシールS

鼻パッド の 跡がつきにくい やさしいシール メガネ の鼻に 跡なシール S 2組入り \494

メガネの鼻パッドの跡がつきにくいふわふわパフの鼻パッド
特殊カットにより、鼻に跡のつきにくい丘形状の立体加工
抗菌スポンジパフと医療用粘着シールで、衛生的かつ安心素材
鼻パッドの跡が気になる方。お化粧崩れが気になる方。メガネが重く感じる方などにおすすめ。

引用:Amazon

③重心が下がりやすいのでチーク位置は高めに

特に大きなフレームをかける方は重心が頬骨より下に下がりがち。顔の重心が下がると顔が大きく見えてしまうので、チーク位置をいつもより高く、フレームに入り込む位置にしっかりと入れていきましょう。

先ほど図で載せたハイライトの位置にかかるくらいが良いです。チークとハイライトが重なることで利他置換がでます。

ポイントメイクは抜け感を出す

目の周りについては眼鏡があるので、しっかりばっちりとアイメイクをするとガチャガチャにうるさい感じに仕上がってしまいます。抜け感を出すために必要なのはメリハリ。

リップはなじみがよいものが基本

リップメイクは、目に重心を持ってきたいので、なじませる色を持ってくるようにしましょう。

明るい色でも、コーラルなど肌に溶け込む自然な血色感がだせるものがよいです。

フレームが細くなじみの良いものであればリップをメインにもってきてもOK。

唇に強い色を持ってくる場合、チークを「塗ってるの?塗ってないの?」っていうくらい控えめにしておきましょう。

フレームにより眉毛を変える

眼鏡メイクで一番重要なのは眉毛!

特にフレームのふちと並行に走る部分なので意識しましょう。

ずばり、眉毛のコツはフレームに沿わせること。

  • 丸フレームの場合→なだらかなカーブを描く三日月眉
  • スクエアフレームの場合→ストレート眉

を意識していきましょう。

また、濃すぎてしまうと眼鏡と喧嘩してしまうので、一体化するようにナチュラルに。地眉が濃い方はアイブロウマスカラで毛の濃さを和らげてあげると良いでしょう。

フレームなし眼鏡の場合は眉毛はしっかり描いて大丈夫です。

アイメイクの肝はまつげ

眼鏡により目元の陰影がつくので、アイシャドウはそこまで必要ではありません。先ほどのハイライトでメリハリをだしてあげたら十分。むしろ、目元では抜け感を作ることで眉、目、眼鏡が1つにまとまります。そのほうがバランスアップし、美人度が上がります。

なのでアイシャドウは控えめでOKです。パール感やツヤのあるもので目元が暗く沈まないようにしてあげましょう。アイシャドウしっかり塗りたいわ!という場合は、眼鏡のフレームの色に合わせてチョイスすると良いでしょう。

  • 黒ぶち→グレー系
  • 茶ぶち・べっ甲→ブラウン系、ベージュ系
  • メタル→ベージュ系・ゴールド系

あくまで控えめに、主役は眼鏡です。

重要なのは、まつげ!特に近眼の方はレンズの構造上目元がさらに小さく見えるので、縦に大きく見せたいところです。

なので、ビューラーはしっかりと!そして、まつ毛は太さは必要ありません。細く長く、マスカラで繊細なまつ毛を作っていきましょう。つけまつげ派の方はボリュームがですぎないよう、毛が細めのものを使うか、毛量が少ないものをチョイスしてください。

 

いかがでしたか?裸眼の時と気を付けるポイントが結構変わってきますので、バランスに気を付けてみてください。眼鏡によってメリハリがつくので、ポイントさえ押さえればテクニックいらずで美人度アップできちゃいますよ♡基本は引き算メイクです。花粉症などでたまにしか眼鏡っ子にならないという方も、ぜひ眼鏡メイクを楽しんでくださいね♡