鼻炎、風邪、花粉。ずるずる鼻水にはティッシュが手放せませんね。
しかし、翌日皮がむけて鼻周りがボロボロになっていたり、赤くなっていたりしませんか?
そんな時簡単にできる応急処置と、普段のスキンケアにプラスすべき対策をお伝えしていきます。

鼻の皮むけの原因

鼻が皮むけする時は、

  • 鼻をかみすぎた時
  • 鼻の角栓を触りすぎた時
  • 肌の免疫が落ちている時

おもにこの3つの原因で起こります。いずれも、「肌のバリア機能」が落ちることによって起こってしまうんです。

肌のバリア機能低下は、「外的刺激」もしくは「乾燥」、場合によっては「ホルモンバランスの乱れ」によって引き起こされます。つまり、バリア機能を高めるケアをしておけばある程度の皮むけは回避できるということ。

鼻の角栓は絞り出さない!

まず一番NGなのがこれです。逆に鼻の角栓にさわらなければ、皮がむけることもないので他の方法で鼻の角栓ケアをしていきましょう。無理やり出すのは気分的はスッキリするんですが、肌的にいうと全くメリットはなく、角栓対策にもならないのでやめましょうね。

鼻の乾燥

これは、鼻が乾燥するというレベルだと、全顔乾燥がひどい状況と思っていいでしょう。Tゾーンとよばれる鼻やおでこというのは、顔の中で一番皮脂の分泌が盛んな部位です。そのため、なかなか皮がむけるまで乾燥するということはありません。

考えられるのは、顔の洗いすぎ。脂が気になるからといって、一生懸命こすっていませんか?特に脂が気になる場所は無意識に擦りがち。必要以上の摩擦が起き、必要な油分まで吸い取られた結果、皮がむけてしまうんです。もしかしたらクレンジングの洗浄力が強すぎるのかもしれません。もしくは、部分ケア(鼻の角栓ケアなど)をしているのであれば、それがやりすぎとなって、皮むけにつながっているのかも。

鼻のかみすぎ

これは冬~春あるあるですが、アレルギー体質の方は一番症状がひどくなるのがこの春先。

かんでもかんでも鼻水が垂れる・・・という状況にまいっていることでしょう。

まず、できることとしては、ティッシュを高級なものに変えること。

少しでも肌当たりを柔らかくしてあげないと、鼻周辺の肌のバリア機能がティッシュの刺激で崩壊してしまいます。

また、なるべくこすらないこと。少しでも摩擦を減らしましょう。

ここ最近では、塗るタイプのアレルギー剤もでています。

鼻水は粘膜刺激によって起こってくるので、そもそも鼻の粘膜をコーティングしておくことで、花粉の症状をやわらげてあげるのも手ですね。

イハダ アレルスクリーンジェル クール N

花粉・PM2.5をブロックするジェル

花粉ブロック成分を20%増量!鼻や目の周りに塗るだけで、花粉・PM2.5をブロック。
肌に寄せ付けないジェルタイプの花粉防御剤。
特許技術*の成分が、花粉・PM2.5を反発し、吸着を防止します。
ファンデーションの上にも使いやすい透明サラサラジェルです。

*特許番号 特許第4562585号 (花粉吸着防止剤に関する特許)

\972(税込)

引用:資生堂WATASHI+

鼻の皮むけ対策スキンケア

むけてしまったものは仕方ない!頑張って修復していきましょう。

とにかくやるべきは保湿!保湿!保湿!

バリア機能の回復には保湿が一番なんです。

バリア機能が低下すると細胞間に隙間ができ、外的刺激入り込む隙間ができてしまうので、肌荒れをさらに引き起こしやすくなります。炎症までいってしまうと厄介なので、そうなる前にしっかりと鎮静していきましょう。

洗う時は優しく丁寧に

皮むけしているというのはケガしているのと同じ状態ですから、やさしくケアしていきましょう。擦る行為はNGなので、泡でやさしくなでていきます。ふき取るときもこすらず、優しく上から押さえるようにしてあげてください。

コットンパックで集中保湿♡

普段使っている化粧水をたっぷりとコットンに湿らせて、しばらくのせておきましょう。

シートマスクの場合、美容液成分が多いので効果は高いのですが、その反面有効成分による刺激が強いので鎮静にはあまり向いていません。肌が弱っているときは使い慣れた化粧水でパックするほうが安全です。

ベースメイクにオイルを仕込む

バリア機能が低下している時にはしっかりと最後蓋をして閉じ込めていきましょう。クリームよりもオイルの方が皮脂に近い性質を持っているのでしっかりとなじんでくれます。オレイン酸を含むアルガンオイルなどがおすすめです。

リキッドファンデの場合はファンデにフェイスオイルをまぜると皮むけの部分もなじみが良くなります。

パウダーファンデの場合は、フェイスオイルでコーティングしてから、化粧に入りましょう。

REA BEAUTY レア ビュティー 15ml

REA BEAUTY レア ビュティー 15ml

ビタミンEと栄養価の高いアルガンオイルとアボガトオイルだけのブレンドしたフェイスケア美容液オイルです。

超微粒子のオーガニックアルガンオイルは肌に吸い込まれるように馴染んでいきます。 しっとりともっちりと肌に広がるアボガトオイル、アルガンオイルは肌の再生に必要な栄養がたっぷり自然の状態で配合されています。

・原材料の100%は天然由来

・原材料の99.7%はオーガニック原料

引用:Hiroko .K ORGANIC

ただし、花粉シーズンはしっとり仕上げにしてしまうと花粉が肌に付着してしまうので、仕上げにはルースパウダーをはたくことをおすすめします。

鼻は皮脂が多いのでバリア機能は回復しやすい場所。しっかりとお手入れして集中的に回復させていきましょう!皮むけがひどくなる前に応急処置をしておくことで、悪化せずにすみますよ♡

花粉の場合、バリア機能低下時に花粉が肌細胞に触れると、大きく肌荒れしてしまうこともあるので、マメに鎮静ケアしてあげましょうね♡