鼻の角栓や黒ずみ、いわゆる「イチゴ鼻」といわれるぶつぶつ毛穴ですが、きちんとケアされていますか?
この黒ずみや毛穴、間違ったケアをしてしまうと数年後とんでもない後悔に襲われます。
つるんとしたたまご肌は手に入れるために、鼻の角栓&毛穴の黒ずみを作るNG習慣を早速見てきましょう!
あなたが良かれと思ってしている毛穴ケア、もしかしたらNG習慣かもしれませんよ!

ブツブツイチゴ鼻になる原因(角栓編)

鼻の角栓は、古い角質や老廃物が皮脂と混ざり合ってできるもの。

どんな原因があるかみていきましょう。

皮脂の過剰分泌

鼻の角栓が詰まっていると聞くと、脂ギッシュな肌を想像するかもしれませんが、皮脂の過剰分泌が原因で起こることも多いんです。

混合肌や、インナードライといった隠れ乾燥肌の方は要注意。脂っこいからと保湿をおろそかにしていませんか?

乾燥している肌表面を守ろうとして、皮脂が過剰に分泌した末、毛穴にたまってしまうんです。特に鼻や眉間のTゾーン、顎周りのUゾーンは皮脂線が発達しているので毛穴が詰まりやすいんです。

鼻周りを強く洗いすぎている場合も考えられます。

化粧の落とし残し

メイク製品はオイルやポリマーなど、毛穴にたまりやすい成分を多く含んでいます。洗いすぎてもダメ、弱すぎてもダメなんてさじ加減が難しいですね。クレンジングはしっかりとなじませないと汚れが浮いてこないものも多いので、もう少しゆっくりとしたスピードでメイクを落としてあげると角栓汚れも浮いてきやすくなります。

また、もしかしたらクレンジングそのものが肌や使っているメイク製品とあまり合っていないのかもしれません。何もしていないのに毛穴が汚くなったという場合は一度クレンジングの見直しをしましょう。

肌のごわつき(角質が厚くなる)

加齢や代謝低下が原因で、肌のターンオーバーが正常にできなくなる場合があります。そうすると、古い角質はなかなか取れず、表面にたまっていってしまうんです。そうすると古い角質が毛穴を覆ってしまい、毛穴の汚れが取れにくくなってたまりやすくなります。また、古い角質が一部剥がれ落ちて毛穴に落ちる原因になります。肌の代謝低下は、睡眠不足やストレス、暴飲暴食によっても起こります。

鼻の触りすぎ

角栓を出したい気持ちはわかります!角質がにゅるんと出てきたときのあのスッキリ感は病みつきになりますよね。ただ、角質を無理やりとる作業は毛穴に大きな負担。無理やり毛穴を押し広げて角栓を抜くような形になるので、抜けた後の毛穴が、ぽっかりと穴があいて汚れウェルカム状態。毛穴すっきりの角栓シートのパックも危険です。

毛穴のダメージを受けたところはバリア機能も弱くなるので、修復しようと肌は皮脂をだしてきます。

そうすると、皮脂の過剰分泌になり、すっぽり空いた毛穴に見事に収まっていくんです。

ブツブツイチゴ鼻の原因(毛穴の黒ずみ編)

白い角栓とは別に、鼻がブツブツと黒ずんで気になることありますよね。

この黒ずみの原因も、ある習慣によるものかもしれません。

角栓の酸化

脂は空気に触れると徐々に酸化していきます。

最初はふき取ればとれるような皮脂なのですが、それが長時間毛穴に居座ることで、徐々に水分が抜けて乾燥し、かたくなってきます。そうするとそこに定着してしまうのですが、角栓に色がついたように黒っぽくなっていることありますよね?

それは角栓が酸化して黒くなったものです。鼻は皮脂の分泌量も多いので、酸化しやすい場所です。

紫外線ダメージ

実は、あなたの黒ずみもしかしたら汚れではなく、シミかもしれません・・・!

角栓の酸化が起こる一番の原因は紫外線。鼻は顔の中でも高い位置にあるので、紫外線ダメージを受けやすいのです。紫外線ダメージを受けて活性酸素が発生し、オイルがどんどん酸化していきます。

さらに紫外線ダメージによって毛穴の部分にメラニンが発生。黒ずんだシミの出来上がりです。

触りすぎによる色素沈着

ニキビを触りすぎると色素沈着してしまうように、鼻の角栓も繰り返し触りすぎてしまうと度重なる肌への刺激で鼻の毛穴が黒ずんでしまうことがあります。それが色素沈着となり、遠目で見るとブツブツ毛穴のように残ってしまうんです。ピンセットで角質をつまみ出したり、はがすタイプの毛穴パックを使っている方は皮膚にかなりの負担をかけているので注意しましょう!

 

あなたは何個思い当たる節がありましたか?

まずは原因を知ることで自分のNG習慣を見直していきましょう。

別記事では、具体的な鼻の角栓&毛穴の黒ずみの対策方法をお伝えしていきます!