季節の変わり目は自分の体調と向き合うのに良い時期です。
春先はなんとなく頑張りがきかなかったり、疲れやすくなったりしやすくなる人が多いのですが、それは環境や精神的な変化に体が追い付いておらず自律神経が乱れがちだからです。
ゆったりと楽しく新しい季節を迎えるためには緊張した脳をリラックスさせることが必要。
こんな時におすすめなのが「香り」の活用。実は嗅覚は五感の中で唯一ダイレクトに脳に働きかけるので、心にも身体にも、うれしい効果がたくさんなんですよ♡

香りはダイレクトに脳に届く

まず注目したいのが、香りが脳に与える効果です。

香りって鼻で感じ取るものだと思っている方がほとんどだと思うんですが、実は香りをかいだ時、脳にも直接影響がでているそう。

何かの香りをかぐと大脳辺縁系という部分に情報が伝わるのですが、そこから視床下部に伝わり、ホルモン分泌や自律神経に影響していきます。

それとは別に、大脳辺縁系から、ダイレクトに本能に働きかける役割も持っています。

これは五感の中でも嗅覚だけなんだそうです。

いわゆるフェロモンとよばれる性的な興奮作用も香りですし、視覚や聴覚などに比べて、香りというのは感情にとても影響します。

バラを見たときを例にすると、視覚の情報はまず「バラだ」という認識を経て、好きか嫌いかという感情に続きます。しかし、嗅覚の情報は「いい香り」という感情がまずあって、その後に「バラの香り」と認識するのです。
嗅覚が伝わる「大脳辺縁系」は、自律神経系をつかさどる視床下部と連携しています。自律神経は、心身のリラックスに関わるところ。よい香りを嗅ぐと反射的に安らぐのは、このような嗅覚ならではの伝達メカニズムにあるのです。

引用:バスクリン 入浴と健康の情報ページ

他の生物で見ても、サメが血のニオイに反応したり、犬の嗅覚のよさや、色々な動物が自分のテリトリーをマーキングすることも、香りで自分の存在を示しています。人類の進化前から発達している機能なので、本能への影響力も強いようです。

香りのコントロールで脳にインプットできる!

この嗅覚の作用をうまく活用できるのが、脳へのイメージつけです。

「パブロフの犬」という言葉は聞いたことありますか?

心理学用語なのですが、犬にエサを与えるときに必ずベルを鳴らすようにしたところ、エサが無くてもベルを鳴らすと犬がよだれをたらすようになるというものです。 パブロフ博士が1902年に発見したのでパブロフの犬と呼ばれています。条件反射のわかりやすい喩えとして用いられています。

香りはこのパブロフの犬でいうところの、ベルの役割を持つことができるんです。

例えば、夜なかなか寝付けない人が毎日寝るときに同じアロマを焚いていると、体はこの香りをかぐと「あ、そろそろ寝るんだな」と無意識に寝支度に入ります。寝る前に特定の行動をすることで実際に眠りにつきやすくなるそうですよ。

例えば、自宅じゃないと眠りにくい人は、家具やまくらを持ち運ぶのは容易ではありませんが、香りならどうでしょうか?小瓶に入れて持ち運べますよね。

特定の香りを自分の生活に組み込んでいくことで、その香りを嗅いでいる間の行動を習慣化することができるんです。

これは寝るときだけじゃなく、仕事中の香り、食後に嗅ぐ香りなど決めておくと、今この行動なんだと脳が認識できるのでとても有効です。香りというのは記憶に残るので、例えば勉強中に特定の香りを嗅いでいると、実際テストの時にもその香りがすると思い出すこともあるそうなんです。

筆者も学生時代に知りたかったですね・・・(笑)

実は記憶と香りの関係性は医療現場でも非常に注目されていて、アルツハイマーの早期発見や治療にも、アロマが活用されているんですよ。ご存知でしたか?

脳がリラックスする香り

ここからはお好みと体調も左右してきますが、自分が好きな香りをいくつか見つけておくとよいでしょう。

特に季節の変わり目の場合、物理的に体調が悪い(花粉などの影響を受けている)か、気分的に疲れてしまっているかでも変わってきます。花粉や風邪などの場合、鼻の通りをよくするミントなどスッキリするものの方が快適になることもあります。ここでは脳と心がリラックスできる香りをチョイスしました。

定番のものをいくつか紹介していきましょう。

●ラベンダー

いわずもがな、リラックスといえばの香りです。

浄化作用、鎮静作用、精神のバランスをとる作用などがあります。

ラベンダーについては関連記事でまとめてますので、そちらもお読みください♡

<関連記事:アロマテラピーの効果 ラベンダーの香りの旅!

 

●ゼラニウム

女性らしい穏やかな香り。ローズに近いのですが、もう少しさっぱりとしたグリーンフローラルです。心と体のバランスの乱れを整えてくれる作用があるので、自律神経が乱れがちな季節の変わり目にはぴったりです。PMSなど、女性特有のホルモンバランスの変化からくる不調にもよいとされています。

 

●オレンジスイート

万人が好きな香りですね。フルーティーな香りで、緊張を解きリラックスしてくれます。高ぶってしまった心も落ち着かせてくれるので、夜考え事をしがちな方や、翌日楽しみなことがあると寝れない!というタイプの方にもおすすめです。

 

●カモミール

心身ともに鎮静してくれる効果があります。アロマで嗅ぐのもよいですが、お茶として飲んであげると内臓と嗅覚同時にアプローチできるので、寝る前のハーブティーもおすすめです。

※子宮の収縮作用があるそうで、こちらは妊婦さんNGです。

 

<参考:アロマオイル辞典

リラックス・鎮静系の香りを活用すると、脳からダイレクトに自律神経に働きかけてくれるので、心もリラックスしやすくなります。疲れは肉体的なものだけでなく、精神的なものも大きいので、こういったアロマの力を借りて、緊張した脳を少しリラックスさせてあげてはいかがでしょうか?